分子生物学の進歩により、ワクチンの開発と生産のための新たなアプローチを探求することができるようになりました。 現在は、死滅、または弱毒化された微生物、またはその抗原タンパク質を使用する従来の方法が、組み換えDNA、mRNA、タンパク質サブユニット、多糖コンジュゲートなどを含む新しい実験的手法と並行して存在しています。 パンデミック下で迅速に対応するために、研究開発の推進が求められています。 

どのようなアプローチでも、目的は患者に効果的な免疫反応を誘発し、適切な剤形で大規模に製造できる、安全で安定したワクチンを開発することです。 マルバーン・パナリティカルでは、生物学的材料の初期特性評価から最終的な製造/品質管理に使用される、さまざまな物理化学特性評価ツールを提供しています。また、ワクチン製品の安定性と有効性を確保するために不可欠な情報を提供しています。

ワークフロー全体にわたるワクチン開発ソリューション

マルバーン・パナリティカルの物理化学的特性評価技術は、ワクチンの基礎研究や特性評価から、製剤やプロセス開発、生産、プロセス、ロットの一貫性のモニタリングまで、ワクチン開発のさまざまなステージで応用されています。 

示差走査型カロリメトリー(DSC)多角度動的光散乱(DLS)光散乱電気泳動法(ELS)レーザ回折粒径測定、多角度動的光散乱(MADLS)、ナノ粒子トラッキング法(NTA)サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)などの技術により、主要な特性の測定とモニタリングが可能です。

熱安定性

示差走査型カロリメトリー(DSC)により、ウイルスベースのワクチン開発の各段階、および組み換え製品のプロセス開発中に、タンパク質の高次構造(HOS)と熱安定性を理解しモニターすることができます。 また、DSCは、核酸ベースワクチンのキャリアとして使用されるリポソームの熱安定性を理解するためにも使用されます。

注目の製品とコンテンツ

サンプルの均一性

多角度動的光散乱とレーザ回析は、粒子径と粒度分布を測定するためのさまざまな用途に対応し、凝集体の有無を検出し、あらゆる種類のワクチン開発においてサンプルの均一性を評価します。

注目の製品とコンテンツ

ウイルス力価

関連する粒子径に応じ、ウイルスをベースとしたワクチン開発ライフサイクル全体において、多角度動的光散乱とナノ粒子トラッキング法がウイルス力価の測定に使用されます。

コロイド安定性

光散乱電気泳動法は、ウイルス様粒子(VLP)、リポソーム、その他のナノ粒子をキャリアとして使用するmRNAワクチンなどの製品の特性評価と製剤開発に使用され、サイズとコロイド安定性を決定します。

粒子濃度

粒子濃度は、VLP、リポソーム、その他のナノ粒子などのキャリアを使用する際に重要です。 ナノ粒子トラッキング法および多角度動的光散乱は、特性評価および製剤開発段階で粒子濃度を測定するために使用されます。 

組み換えタンパク質候補の選択と安定性予測

示差走査型カロリメトリーは、タンパク質の特性評価を行う基礎的なツールであり、さまざまな条件下でのタンパク質安定性の理解において重要な役割を果たします。 動的光散乱は、タンパク質の安定性を評価、予測し、開発全体で使用される安定性を示すデータを提供するために使用されます。

アジュバントの選択と適合性

多くのワクチンでは、有効な免疫反応を確保するために、製剤中にアジュバントが存在する必要があります。 ワクチンの種類に応じて、光散乱電気泳動法レーザ回折ナノ粒子トラッキング法、および示差走査型カロリメトリーのすべてが、アジュバントを使用した製剤最適化の役割を担っています。 

多糖体組成

サイズ排除クロマトグラフィーは、高度な検出機能を備えており、プロセス開発および製造中の多糖類結合型ワクチンのタンパク質および多糖類含有量の比較分析に役立ちます。 

Expert solutions in ワクチン. Contact us to discuss your challenges.
お問い合わせ 会員登録