先端材料

新型材料の性能、一貫性、耐用年数を改良します。

過去数十年で、人類は原子スケールの材料を作り出し、以下のような私たちの生活を一変させる新しいデバイスを創造できるようになりました。

 まだまだ多くのものがあります!

ご存知ですか?食品のラップも多層材料です。 補強、防湿、UV 防御など、各層に特有の機能があります。 中間層は良好な接着のために必要です。 新型材料のおかげで、食べ物をより長く新鮮に保つことができます。  

3D プリントなどのより高度な加工技術が利用できるようになり、新型材料の開発と製造も発展してきました。3D プリントを利用すると、土台から一層ずつ材料を積み上げることができるので、構造、組成、材料特性の点で、さらに柔軟性が高くなりました。  

Advanced materials diagram.png

必要な機能と性能を備えた新型材料の開発と製造においては、材料構造と材料特性の関係を理解することが鍵となります。 材料特性評価により構造と特性を互いに関連付け、性能に与える影響を評価できるので、材料特性評価はこのプロセスの中心となっています。

研究開発

すべての新型材料は、研究所で生まれます。 特定の添加物、コーティング剤、処理を合成または開発し、十分なテストを重ね、性能を評価、改良します。 Malvern Panalytical のソリューションを使用すると、新型材料およびその成分の構造や特性を、原子・分子レベルから顕微鏡レベルで決定することができます。 化学組成分子量粒子サイズ結晶構造、レオロジー特性の評価技術が含まれます。 弊社の技術と専門知識を利用すると、世界中の研究者が材料を理解、開発、最適化、製品化して、特化した用途で、幅広く応用することができるようになります。 ほんの少し例を挙げると、Li イオン電池のカソード材料および高輝度 LED は、弊社の装置を使用して開発されました。このことは、弊社の高品質材料特性評価ツールがインパクトを与えうることを実証しています。 弊社は、お客様向けにカスタマイズしたソリューションを開発し、最先端の研究のための特別な測定装置を作り出すことができます。

プロセス開発と制御

材料の構造と特性は組成だけでなく、プロセスにも影響を受けます。 したがって、従来の製造技術を用いる場合でも、付加製造つまり 3D プリントのような高度なプロセス技術を用いる場合でも、必要な性能を備えたばらつきのない製品を製造するためには、プロセスが鍵となります。 このように、新型材料が製品化されたら、オンラインで弊社の研究・ラボ用ツールの工業用タイプを使用して、最適収量と一貫した性能の達成を支援いたします。 粉体流のオンライン粒子サイズ解析、高輝度 LED のバッチ特性評価、またはエンジン部品の自動残留応力分析のいずれに対しても、プロセスソリューションを提供します。 特別なご要望も承ります。 お客様向けにカスタマイズされたプロセス制御ソリューションを開発できます。

お問い合わせ 会員登録

Since introducing the Mastersizer 3000 we have been able to mill to an appropriate particle size to help eliminate issues with the intermediate materials going into a final product

Julie Hart — BASF