よい安定性プロファイルを達成することは、バイオ製剤を開発するために不可欠で、開発から製造までを通じてモニタリングが必要な品質特性が組み込まれています。「早い段階での失敗、安いコストでの失敗」はかなり重要であり、安定性プロファイリングおよび安定性予測によって実現します。一方、バイオ製剤としても様々な新しい分子タイプが増えてきたことで、新しい分析上の課題が出現し、評価方法も複雑になっています。

広範な溶液条件下で、生体分子と治療薬候補の複雑な挙動を理解するためには、多変量データセットが必要になります。これにより、生き残ることができる医薬品候補を同定して開発を進めるために、情報に基づいた決定ができるようになります。マルバーン・パナリティカルは、開発ワークフローを通じて信頼できる安定性プロファイリングを得るために、測定特性と補完的データセットが得られる情報が豊富な分析技術のポートフォリオを提供します。

安定性スクリーニングと凝集傾向

処方違いによって凝集を引き起こすなど、好まない分子間相互作用を早期に指摘することは、効率的な開発を進めるために極めて重要です。これにより、重要なリソースを後半の開発フェーズへ向けることができます。

  • 低容量、低濃度での安定性スクリーニングでは様々なパラメータが考えられます。弊社はこれらの多数のパラメータに対応する分析手法を提供します。

モノマー数と凝集数の定量化

バイオ製剤開発の変性経路においては、タンパク質のオリゴマー化が重要です(ダイマー、トリマー、高次オリゴマーなど)。対象分子の凝集量の定量評価は、重要な安定性プロファイルになります。

  • 一般的に用いられているSEC分析にマルチ検出器を適用すると、オリゴマー純度やその分子モル数を解明できます。

サブビジブル粒子(Sub visible particles; SVPs)の定量および特性評価

バイオ製剤において、肉眼で見えない粒子があると有効性に影響し、免疫原性のリスクが増えるため、SVPの数を制御することは規制上の要件となります。 特に、サブミクロン粒子(0.1~1mm)の数を定量化すると、バイオ処方のより完全な凝集プロファイルが得られます。このサイズ幅は、より規制に沿ったものとなっています。

  • 各粒子特性解析を実施すると、ナノ粒子スケール領域までの肉眼で見えない粒子の数について、タンパク質性・非タンパク質性の区別を含む情報が得られます

処方粘度プロファイリング

バイオ製剤の多くは、静脈用または皮下用液体製剤として提供されるので、処方の粘度は、製造可能性と投与可能性をモニタリングする必要のある重要な特性です。

  • 異常な溶液挙動を判定し、製剤出荷規格としての絶対粘度測定のために、早期に低濃度安定性評価から得られた相対粘度データを利用します。

生物学的同等性と製品同等性

DSCによる安定性評価は、同じ製品のバッチ間で製品同等性を評価する上で重要な役割を果たしています。バイオシミラーの開発においても、先発医薬品と同等の製品特性を保証し、規制上の要件を満たすために利用されます。

  • さまざまな補完的基礎技術を構造化された分析プロセスに適用することで、より多くの情報に基づいた開発が可能となり、バイオ製剤およびバイオシミラーのフィンガープリントとなる安定性プロファイリングを得ることができます。

ゼータサイザーシリーズ

ナノサイトシリーズ

MicroCal PEAQ-DSC

OmniSEC

ゼータサイザーシリーズ ナノサイトシリーズ MicroCal PEAQ-DSC OmniSEC

ナノ粒子、コロイド、タンパク質のサイズ、電荷の測定に世界で最も広く用いられているシステム

粒子の視覚化、ナノ粒子、粒子数濃度の測定

最高水準の調査アプリケーション向けタンパク質安定性解析

世界最先端のマルチ検出器GPC/SECシステム

詳細 詳細 詳細 詳細
技術
光散乱
静的光散乱
動的光散乱法(DLS)
電気泳動光散乱
ナノ粒子トラッキング(軌跡)解析
示差走査型カロリメトリー(DSC)
サイズ排除クロマトグラフィー (SEC)
ゲル浸透クロマトグラフィー