特殊鋼、耐熱合金、および超合金は、耐久性や、硬度、温度安定性、耐食性などの特性が必要とされるさまざまな高性能コンポーネントで使用されています。 その生産過程には、非常に厳密な精度のプロセス管理と品質管理が求められますが、 測定濃度が広範囲の上、多品種の合金元素をXRFで分析することには、課題も伴います。 特に、高精度な定量分析結果を得るためにはマトリクス補正が必要であり、さらに多品種の参照物質が必要になります。

NiFeCo-FPモジュールは、これらの課題に対してコスト効率の高いソリューションを提供します。 Malvern Panalyticalのファンダメンタルパラメータ(FP)マトリックス補正アルゴリズムにより、1つのアプリケーションプログラムで最大21種類の元素の広範な合金分析が可能になります。 

NiFeCoキャリブレーションは、複数のサプライヤから提供された120種類以上の認定参照物質を使用して開発されました。 キャリブレーションプロセス中、このマスターキャリブレーションは、分析方法を簡単に設定するために綿密に選択された6種類の設定サンプルとアプリケーションテンプレートを使用して転送されます。 NiFeCo-FPモジュールを使用することで、さまざまなNi、Co、Feベース合金、超合金、鉄鋼を非常に高い精度で分析できます。


• ステンレス鋼

• 高速度鋼

• 工具鋼

• 軟鋼

• ニモニック鋼

• インコネル

• 高Mn鋼

• Ni合金


Malvern Panalyticalのファンダメンタルパラメータ(FP)モデル


NiFeCo-FPモジュールは、SuperQソフトウェアで使用されているMalvern PanalyticalのFPアルゴリズムと組み合わせて使用するよう設計されています。このアルゴリズムは、X線の物理特性に従った理論的原理からマトリックス補正を計算します。 このように、FPモデルは、従来の影響係数ベースの補正(理論的アルファや実験的補正)よりはるかに大きなメリットがあります。 理論的アルファの計算とは異なり、FPモデルは各サンプルに固有のマトリックス補正を計算します。 これにより、広範な濃度範囲と多くの異なるサンプルタイプで正確な分析を行うことができます。






以下の元素と濃度に対応します。

元素

濃度範囲(wt%)

元素

濃度範囲(wt%)

Al

0.01~6

Cu

0.01~30

 

Si

0.01~2.4

Y

0.01~0.3

 

P

0.01~0.3

Zr

0.01~0.4

 

S

0.01~0.1

Nb

0.01~6.3

 

Ti

0.01~4

Mo

0.01~21

 

V

0.01~3

Hf

0.01~1.3

 

Cr

0.01~24

Ta

0.01~7.2

 

Mn

0.01~15

W

0.01~15

 

Fe

0.01~78

Re

0.01~5.4

 

Co

0.01~63

Pt

0.01~0.3

 

Ni

0.01~64

 

 

 

NiFeCoモジュールと設定サンプルは、ZetiumなどのPanalytical WD XRF装置と組み合わせて使用するよう設計されています。 特定のハードウェア要件が適用されます。 このモジュールは、新しいシステムに事前キャリブレーションソリューションとして提供されますが、SuperQソフトウェアを実行している既存の装置にも取り付けることができます。