結晶構造の解析

X線回折データの結晶解析

古代ギリシャでは、結晶は光が凍ったものであり、非常に硬く決して溶けないと信じられていました。 その後、科学としての結晶構造解析が始まり、結晶内部構造を解明しようと結晶外面の対称性が研究されました。 Bragg父子は、X線回折(XRD)を使用して結晶内部構造を研究した最初の人物で、結晶内原子の周期配列を示しました。

今日では、X線による結晶構造解析は化学、鉱物学、物理学のさまざまな分野で使用されています。 いわゆる結晶状態(イオン、原子、または分子の配列)だけではなく、配列周期が長くない非晶質や液体にも使用されています。   

結晶構造解析は、新しい構造の判別、リートベルト解析、全散乱配向分析などを使用した定量化の根本となる基礎科学です。

Malvern PanalyticalのXRDソフトウェアソリューション

粒子XRDデータの結晶構造解析に必要な手順はすべて、HighScore Plusソフトウェアに含まれています。

  • 異なる対称プロファイル機能によるピーク検索とピークフィット
  • 割り出しのための実空間方式と相互参照空間方式
  • 原点オフセットやサンプル移送を含む単位セル精製
  • 割り付けピーク、完全ピークプロファイル、または系統的消衰分析による空間グループの決定
  • 格子パラメータの精製のためのLeBailフィットおよびPawleyフィット
  • 標準および非標準空間設定をカバーする対称エキスプローラ
  • 原子配列を探査するための内蔵チャージフリッピング方式
  • 欠損原子探査のための差フーリエ計算
  • セルおよび構造データの同時変更による、空間グループ間の変換
  • 非標準空間グループ設定の自動標準化
  • セルの減少(Niggliセル)と従来セルの探索
  • 角度および距離の計算を含む構造の精製
  • 構造の視覚化のためのプロッティングの可能性

Malvern PanalyticalのXRD器具ソリューション

結晶構造解析には、高品質の回折データが必要です。 Geモノクロメータ(Johanssonタイプ)で構成されるMalvern PanalyticalのEmpyrean Alpha-1は、構造解析のための完全なCuまたはCo Kα1 (Bragg-Brentano式反射ジオメトリデータのみ)を提供します。 PreFIXハイブリッドモノクロメータを使用して、α1単独平行ビーム伝送ジオメトリが、伝送またはキャピラリ作業のためにEmpyreanに生成されます。