Empyreanは、すべてを実行し、あらゆるサンプルタイプに最高品質のデータを提供する唯一のプラットフォームです。 1つの装置で最大のX線回折、散乱、および画像処理用途に対応します。 Empyreanは科学者やXRDエキスパートの高い期待に応えるだけでなく、研究テーマが進化するのと同じように進化し続けます。Empyreanは大型ドアが完全に開き、複数人がシステムにアクセスできるため、教育用途にも最適です。それだけでなく、様々な業界の要件が厳しい研究開発環境での測定にも適しています。

あらゆるサンプルで最高のデータ品質

優れた性能により科学者から高い評価を得ているEmpyreanでは、最適な測定方法の選択でシンクロトロンレベルの測定が可能です。 Empyreanには豊富なサンプルステージと光学系コンポーネントが用意されており、標準構成にいくつかのスリットや分析ソフトウェアを追加しただけの単純なものから、専用の光学系、光源、および検出器を使用したトップパフォーマンス構成に至るさまざまな方法でアプリケーションを処理することができます。 これは多目的ラボラトリーに最適で、特定のアプリケーションのニーズが高まった場合は、専用のモジュールを追加してデータ品質とスループット時間を向上できます。

あらゆるサンプルで最高のデータ品質

多目的で将来のニーズにも対応可能な装置

「常に人生にあるのは変化のみである」 この言葉は特に、研究プログラムの方向性の変化に伴って分析ニーズが頻繁に変わる研究環境に当てはまります。 Empyreanシステムには新しいアプリケーションを簡単に追加できるため、あらゆるものに完璧に対応することができます。 先進のアプリケーションは絶えずこのプラットフォーム上で開発されていて、お客さまはつねに最先端の技術を利用することができます。

多目的で将来のニーズにも対応可能な装置

ハイブリッドピクセル技術

Malvern Panalyticalは、常にハイブリッド検出器技術の最先端で活動しています。 当社は、シリコンストリップ検出器に0Dと1Dを統合し、オンボートの柔軟性を0Dから1D、2D、3Dまで広げた最初の企業です。 当社のハイブリッド検出器の小ピクセルサイズ、ゼロバックグラウンド、および高測定範囲(PIXcel3DおよびGaliPIX3D)は、XRDの処理方法に革命をもたらしました。 散乱強度や2D検出器のサイズを最大にする必要はありません。 光学装置と操作半径を選択することで、構成を最適化することができます。

ハイブリッドピクセル技術

MultiCore Optics

新開発のMultiCoreは入射側”iCore”と受光側”dCore”が測定条件の最適化・自動化を強力にサポートします。 測定ごとのサンプルの切替時も、iCoreとdCoreは適切に動作し、人による作業が不要です。
MultiCore Optics

PreFIX

「PreFIX」とは、Pre-aligned Fast Interchangeable X-ray (迅速な交換が可能なアライメント調整済みX線)モジュールの略で、当社の実績のある独自のコンセプトでもあります。 

このPreFIXコンセプトにより、回折システムは高速かつあらゆるアプリケーションへの柔軟性が高くなるとともに、将来のニーズにも対応可能な装置になります。 光学系とステージのPreFIXマウンティング方式では、ミクロン単位の精度で3次元方向に位置決めできるため、回折装置の光学系を調整なしに設定できます。 これにより、わずか数分で異なるアプリケーションに切り替えることができます。この特長によって、Empyreanは真の多目的X線回折装置となっています。

PreFIX

GLP (Good Laboratory Practice: 医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準)

Empyreanのアライメント調整不要のPreFIXモジュールと測定および分析の自動化対応は、GLP (医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準)への準拠をサポートします。 ハードウェアから専用の分析ソリューションに至るまで、Empyreanパッケージのあらゆるコンポーネントには、初心者向けの広範なチュートリアルが付属しているだけでなく、専門家向けのすべての機能も用意されています。

GLP (Good Laboratory Practice: 医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準)

カスタマイズされたX線レーザ回析ソリューション

Empyreanは、さまざまな用途をサポートするよう設計されている完全な多目的装置です。 しかし、市場では、自分たちの研究に関するアイデアに基づいて、当社の装置の可能性をさらに広げたいと考えている科学者や分析担当者の話を聞くことがよくあります。 Malvern Panalyticalは、お客様の材料研究をサポートしたいと考えています。 分析に関する複雑な問題や、コスト効率の良い生成プロセスに対応するソリューションを提供いたします。 新しいサンプルホルダーやサンプルステージ、光学モジュールや分析技術に関するコンセプトがある場合は、お客様の要件を最寄のMalvern Panalyticalの営業担当にご相談ください。また、レーザ回折研究の専用のソリューションが必要な場合は、リクエストを送信してください。 当社とともに、科学と研究の世界で最新技術に後れを取ることなく、新しい要件に基づいた先進のソリューションを生み出すことができます。

カスタマイズされたX線レーザ回析ソリューション
エンクロージャーゴニオメータ

X線源

検出器/ステージ

寸法: 1400 (幅) x 1162 (奥行き) x 1947 (高さ) mm垂直型ゴニオメータ、θ-θ配置またはα-1配置が可能Malvern Panalyticalの管球専用工場のクリーンルームで製造されたフルセラミックX線管球
重量: 1150 kg回転半径240 mm、特別なアプリケーション用に回折ビーム半径を小さくするまたは拡張するためのインターフェースを使用可能治具不要で簡単切替ができるライン・ポイントフォーカス
最大4名が同時にアクセス可能な大型ドア使用可能な最大角度範囲(アクセサリによって異なる) -111°< 2θ <168°現在および将来のあらゆるX線管球をサポートする4 kW発生器
世界中の関連法規制に準拠し、すべてのアノードタイプで電気規格、機械規格、放射性規格に準拠精密にアラインメント調整されたハイデンハインエンコーダとパストラッキングテクノロジが採用された次世代型のDOPS 2 (Direct Optical Positioning System 2)により、ゴニオメータの耐用期間全体にわたる正確さを実現すべてのEmpyrean装置は60 kV動作用に設計されており、MoおよびAgアノードで最高のパフォーマンスが実現
簡単に設置および移動することが可能なキャスター付き±0.01°以下の2θリニアリティハイブリッドピクセル検出器(市場で最も小さいピクセルサイズ)
光学系モジュールの自動認識角度分解能:0.026° FWHM on LaB6様々な雰囲気下での測定に対応
 

最小ステップ: 0.0001°

角度再現性:< 0.0002°

 

設備

投資利益率を最大限にするソリューション

お客様の装置が最高の状態を保ち、最高レベルで機能するために、Malvern Panalyticalではさまざまなサービスを提供しています。 当社の専門知識とサポートサービスは、装置が最適に機能するよう保証します。

サポート

寿命終了までのサービス

  • 電話とリモートサポート
  • 予防メンテナンスと点検
  • 柔軟なカスタマーケア契約
  • パフォーマンス認定書
  • ハードウェアおよびソフトウェアアップグレード
  • ローカルおよびグローバルサポート

専門知識

工程に価値を付加する

  • サンプル調製の開発/最適化
  • 分析方法論 
  • XRD用ターンキーソリューション 
  • IQ/OQ/PQによるオペレーション、品質保証(GLP、ISO17025)、またはラウンドロビン/研究所間の連携
  • コンサルティングサービス

トレーニングと教育

  • オンサイトまたは当社の研修センターでのトレーニング
  • 製品、アプリケーションおよびソフトウェに関する広範な基本コースおよび上級コース