ダイ出口近くの押出直径を測定するレーザーマイクロメーター装置。

  • 単軸ダイスウェルオプションは、ほとんどの用途に対応しており、ダイ軸から径の固定方向に押出直径を測定します。
  • 二軸ダイスウェルオプションは、それぞれの測定軸が垂直となるように位置調節されている、2組のレーザーマイクロメーターを使用して押出直径を測定します。
  • 標準または高解像度のレーザーマイクロメーターオプション。
  • ダイスウェルアクセサリが使用中でない場合に便利なレオメーター操作を可能にするスウィングアームマウント。
  • 自動アライメントおよび高さ調整可能なマウンティング。
  • ロザンド制御ソフトウェア、および測定データファイルの一部として格納されているダイスウェル読み取り値との直接インターフェース。
  • せん断速度とダイL/D比の関数としてダイスウェルデータをプロットできます。
  • ダイスウェルアクセサリは、押出切断オプションに対応しています(メルトカッターまたはダイカッター)。

レーザーダイスウェルアクセサリは、ダイ出口近くと垂直軸沿いの押出の厚さを測定することで、押出プロセス中に試料の弾性を直接測定します。

ダイスウェル装置は、レーザースキャンゲージで構成されています。レーザースキャンゲージは、スウィングアームにマウントされており、ダイ出口の下にある押出経路に配置したり、未使用時にはずらしておいたりできます。

システムは、レオメーター上で位置を自動調整し、熱シールドと、ロザンドレオメーターユニットとの完全なインターフェースを行う電子部品が含まれています。 

お使いの試料の種類や測定用途に対して、どのダイスウェルアクセサリを指定するのが適切かが不明な場合は、詳細なアドバイスや試料のテスト/評価レポートについて、マルバーンまでお問い合わせください。

単軸ダイスウェルオプション:
単一の垂直軸に沿った押出直径の直接測定
二軸ダイスウェルオプション:
2つの垂直軸に沿った押出直径の直接測定
分解能:
10µm (標準). 1µm (高解像度)