湿式サンプル用アクセサリは、以下の機能を備えた手動制御システムです。

  • 50ml ~120mlの試料量
  • デジタル表示の連続可変ポンプ/スターラー
  • 手動充填、排出および洗浄
  • 有機溶媒対応

湿式サンプル用アクセサリは、粒子試料の分散に水性または溶媒ベースの液体分散媒を使用しています。

粒子は液体分散媒に懸濁しています。 粒子表面を分散媒の分子で濡らすと、粒子の表面エネルギーが低下し、接触する粒子間の引力が低下します。 これにより粒子が分散することができ、懸濁状態になります。 試料を懸濁した均質状態に維持するため、分散ユニットのポンプおよびスターラーシステムを使用して継続的に循環します。

水のような表面張力が高い分散媒の場合、界面活性剤を少量加えると、濡れ挙動が大きく改善し、その結果、粒子の分散性が改善します。

個別の粒子を分散させるには、試料に何らかのエネルギーを加えるのが一般的です。 これは攪拌によって行われることが一般的ですが、非常に微細な材料や強い力で凝集した粒子の場合、超音波照射が使用されることがあります。

粒子径を測定するには、レーザー発振部と受光部の間に配置された測定セルを通じて、分散媒に空気を送ります。 分散粒子の光散乱データがスプレーの場合と同じ方法で収集され、粒度分布がスプレーテックソフトウェア内で計算され、表示されます。

一般

試料量:
40 ~ 130ml
粒径:
0.1 ~ 600µm*
攪拌速度:
250 ~ 3500rpm
寸法(W x D x H):
255mm x 170mm x 80mm
重量:
1.5kg
寸法(W x D x H):
360mm x 320mm x 640mm
重量:
10kg
寸法(W x D x H):
170mm x 240mm x 450mm
重量:
5kg
電源:
240V, 50Hz, 250mA. 110V, 60Hz, 250mA.
*:
試料によって異なります。