Viscotek RI検出器は、Viscotek 270maxシステムの一部として、またはGPCmax、UV/VisまたはPDA検出器などのその他のクロマトグラフィーコンポーネントへ接続するスタンドアロンモジュールとして販売されています。

  • 2種類の温度制御プログラムにより、常温環境および低温室内環境で使用できます。
  • パージはソフトウェアにより自動的に行われるか、プログラミングされたサンプルシーケンスの一部として行われます。
  • 独自のパージシステムにより、大きな温度変化を最小限に抑えることで、ベースラインを迅速に回復します。

GPCmaxなどのポンプと、マニュアルインジェクションバルブまたはオートサンプラーなどの注入装置がRI検出器に接続されます。 移動相(およびサンプル)がRI検出器に入り、フローセルを通過します。 参照溶媒が充填されたセルと、サンプルが流れるセルにより構成されます。

サンプルが溶解すると、移動相の屈折率と参照溶媒の屈折率に差が生じ、検出器の出力が変化します。 検出器の出力は溶液中の混合物の濃度に比例します。

一般

寸法(W x D x H):
220mm x 350mm x 160mm
重量:
12 kg

検出器1

検出器:
RI検出器 VE3580
測定原理:
偏光型
光源:
タングステンランプ
セル容量:
9µL
パージ:
マニュアルおよび自動
データー取得速度:
OmniSECへの転送5Hz
温度制御範囲:
35° - 55°C in 1°C steps – normal environment. 10° - 30°C in 1°C steps – cold room environment

測定タイプ 1

測定原理:
示差屈折率検出

使用環境

温度:
15℃ – 40℃
湿度:
35 ~ 80%(結露なきこと)

お客様がマルバーン製品をお買い求めになってから、製品が寿命を迎えるまで、マルバーンはお客様を継続的にサポート致します。 お客様によっては、必要時にのみ、ご質問への回答やソフトウエアのアップグレードを必要とされる方もいらっしゃれば、定額料金での継続的なサポート契約を希望される方もいらっしゃるでしょう。 お客様のご状況に合わせ、マルバーンは最適なサポートをご提供いたします。

ヘルプデスク

  • 電話およびEメールでのサポート
  • お電話にて対応させて頂いたオペレーターが、責任をもって、お客様にご回答差し上げます。

トレーニング

  • オンサイトトレーニングコース
  • ユーザー研修
  • Eラーニング

リソースセンター

  • アプリケーションノート
  • テクニカルノート
  • オンデマンドのオンラインプレゼンテーション
  • ライブウェブセミナー

ソフトウェアダウンロード

  • 最新ソフトウェアをダウンロード

プラチナ・ゴールド保障契約

  • ダウンタイム中のコストを最低限にします。
  • ダウンタイムの短縮
  • メンテナンスコストを一定に抑えます。

ブロンズ点検:

  • メンテナンスコストを一定に抑えます。
  • ダウンタイムリスクを最低限にします。
  • ハードウェア・ソフトウェアの診断・点検を行います。