CLS-logo.png 革新的な消費者製品、画期的な農薬、先進的な化粧品のいずれを開発している場合でも、新しい化学物質が健康と環境に及ぼす影響を調査することは、開発過程における重要な部分です。最新の予測と機械的アッセイにより、毒性物質を除去し、化学物質の人や地球への影響を容易に理解することができます。 

  • 厳格な規制基準を満たすイノベーションへのチャネル投資。 
  • 市場での継続的な成功をもたらす、将来を見据えた高度な製品。 

イノベーションに関しては、細かなディテールが大きな違いを生み出します。 

課題

OECDのような規制機関は、毒性研究に関するより厳格な基準を導入し、正確な方法と技術の実施を強化しています。しかし、化合物に毒性の可能性があるかどうかを特定することは困難であり、影響は予測不可能で、下流の結果を追跡することは困難です。 

毒性アッセイの情報が製品にどのような意味を持つかを理解するには、影響のメカニズムを完全に理解し、異種間の感度を理解する必要があります。現在、全毒性スペクトルに対する安全性テストは、規制機関の承認に不可欠です。 

安全性スクリーニングを徹底的かつ早期に実施することで、開発者は、長い市場性を持つ製品を開発パイプラインから生み出すことができます。

ソリューション 

世界中の企業が、当社の新しい予測と機械的アッセイサービスを採用して、以下を実現しています。 

  • 更新された規制要件に従って、再登録のための更新データを提供する。
  • 異種間の毒性リスクに関する詳細な比較データを作成する。
  • 候補化合物をスクリーニングすることで、規制当局の承認を受けて、将来販売可能な化合物にのみ投資する。 
  • 人と地球に理想的な製品を開発する。

当社は、社内プログラムの管理と品質チームがサポートする最高品質の基準に基づいて業務を行っています。当社はGLP認定ラボであり、GLP検査と非GLP検査の両方を実施し、次のような方法で毒性の予測、探索、発見を完了します。 

内分泌毒性学

人間や動物の生殖能力の低下、発達、成長の問題に関連して、内分泌かく乱物質が再び注目を集めています。

当社のカスタマイズされた機械的調査では、内分泌信号伝達を阻害する化合物の可能性を正確に評価し、OECD Tier 2の内分泌かく乱物質アッセイと特注の甲状腺アッセイを実施します。 

OECD Tier 2アッセイ

アンドロゲン受容体アッセイ(OECD試験番号458)

AR-EcoScreen™細胞株は、AR反応性のルシフェラーゼレポーター遺伝子と安定的にトランスフェクションされ、AR依存転写の活性化因子と阻害物質の両方を同定します。 

エストロゲン受容体アッセイ(OECD試験番号455)

エストロゲン受容体αおよびßを発現するVM7Luc4E2細胞株は、ER反応性のルシフェラーゼレポーター遺伝子により安定的にトランスフェクションされます。これにより、アッセイをアゴニストモードおよびアンタゴニストモードで実行して、ER依存転写を活性化または阻害する化学物質を同定できます。 

ステロイド産生アッセイ(OECD試験番号456)

このインビトロ試験システムでは、ヒトH295R腺癌ラインを使用して、ステロイドホルモンバイオシンセシス(特に17ß-estradiolとテストステロン)に対する化合物の影響を調査します。 

アロマターゼ阻害(Opps.890.1200)

ヒト組換え型CYP19マイクロソームはアロマターゼの産生を活性化させる化合物のリスクを確立するために使用され、結果として、アンドロゲンがエストロゲンに変換されます。 

特注の甲状腺ホルモン調節アッセイ

特に若年者の神経学的発達との因果関係が懸念される、甲状腺ホルモン信号を妨害する可能性のある化合物に規制当局の関心が集まりつつあります。当社の特注甲状腺アッセイは、規制当局から輸送業者に至るあらゆる段階で、甲状腺ホルモン遮断のトリガーポイントを測定します。生物種モデルを使用し、生物種の感度を評価して、ヒトとの関連性を評価します。 

当社のアッセイには以下が含まれます。 

  • ナトリウム/ヨウ化物シンポジウム(NIS)アッセイ
    ラット卵胞細胞のヨウ化物の取り込みを測定する分光光度計メソッド。この高感度アッセイは、甲状腺ホルモン合成の第1段階における化学的影響を測定します

  • 脱ヨード酵素(DIO)アッセイ
    この高感度アッセイの堅牢なパネルは、甲状腺ホルモンシグナル伝達の3つのマスターレギュレーター(DIO 1、2、3)すべての阻害を評価します。ラット、イヌ、ヒトのモデルで利用できます

  • 甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)アッセイ
    このアッセイは、初期酸化およびヨウ化物の添加による甲状腺グロブリンの生成に対する化合物の影響を評価します。ラット、イヌ、ブタ、ヒトの各モデルで利用できます

  • 甲状腺ホルモン受容体アッセイ
    完全な活性化評価を目的としています

  • UDPグルクロン酸転移酵素(UGT)発現の異種間比較誘導

非遺伝子毒性発癌性評価

さまざまな種類の毒性プロセスを評価し、詳細な経路研究を実施することで、ヒトに対する化合物のリスクを正確に判断します。 

当社は、肝毒性の専門家として、げっ歯類とヒト間の毒性リスクの既知の違い、およびげっ歯類肝発がん性の読み取り値のヒトへの関連性を評価するために、さまざまな肝細胞アッセイを用意しています。甲状腺および試験における下流二次毒性の種の違いを含む、核ホルモン受容体CAR/PXRまたはPPARα特異的経路との関連性を調査します。

ヒト関連性発がん性機能には、以下のものがあります。

  • データ評価と堅実な仮説の作成
  • げっ歯肝細胞(インビボインビトロ)における作用機序を確認するための研究設計と実行
  • 二次毒性評価を含む一次ヒト肝細胞を使用した、ヒト関連性試験のインビトロでの実施
  • 関与する核受容体の特定
  • 各種の肝代謝研究
  • 結果の分析と解釈

免疫 - 安全性

新しい分子組織は、サイトカイン放出症候群と特徴づけられる広範囲の炎症反応と有害反応を引き起こす可能性があります。各試験物質に対して最も効果的なプロトコールを使用し、完全なサイトカインパネルで放出プロファイルを検出します。 

当社の生物学チームは、世界クラスの免疫学の専門知識を活用して、お客さまの製品の免疫安全性を評価する特別な作業計画を設計します。 

詳細については、免疫サービスのページをご覧ください。

神経毒性学

この新しい安全性試験領域では、最新の多能性幹細胞とプライマリCNS細胞ベースのアッセイプラットフォームにアクセスできます。今後の製品にとって、甲状腺ホルモンの調節が神経発達に与える影響は、重要な検討事項であると認識されています。  

当社の神経科学チームは、お客さまの製品が神経発達に与える影響を評価するために、各種のアッセイと特注のエンドポイントを提供しています。 

詳細については、神経科学サービスのページをご覧ください。 

毒性がある場合は、それを発見します

当社のエキスパートチームにご連絡いただき、製品パイプラインから開発を阻止する毒性物質を排除する方法をご確認ください。