バイオアナリシス

CLS-logo.png 弊社では、創薬薬物動態学(PK)のパラダイム全体を通じて、生物学的分析のサポートを提供し、臨床的なコンセプトの実証研究を行います。当社チームは、低分子および高分子の定量のクロマトグラフィー法の開発とカスタマイズにおける150年以上の経験を有しています。  

当社は、内因性低分子、DNA、RNA、タンパク質バイオマーカーの同定および検証ソリューションを提供しています。組織分析と生体液分析の専門知識を備えており、発見プロジェクトまたは臨床試験のいずれであっても、お客さま固有の目標を達成するために必要な、緊急を要する分析データ取得をサポートします。

バイオアナリシス

バイオアナリシスの課題を迅速に解決するためのカスタマイズされたアドバイザリーアプローチを提供しています。

非GLP、GLP、トキシコキネティクス(TK)のサポート、および最終的にはフェーズ1およびフェーズ2 (GCP)の臨床試験を通じて、発見PKおよび分布研究のスピーディーな処理が可能です。

バイオマーカー

業界のサプライヤーやLothian NHS Research Scotland Bioresourceとの信頼関係を通じて、倫理的に承認された組織を調達ソースとしています。関連付けられた匿名患者の属性データも使用でき、研究が向上します。

当社のバイオマーカー能力について:

  • 10x Genomics® Chromium™システムは、単細胞RNAシーケンス測定値を提供します。
  • 最大800個のRNA、DNA、またはタンパク質標的の多重解析に対応するNanoStringサービスを提供します。
  • MSDのMESO QuickPlex SQ120は、迅速に高感度の結果を提供します。
  • Akoya Biosciences® Vectra® Polaris™の自動定量化病理画像処理システムは、複数のバイオマーカーの高品質な蛍光画像を単一のセクションに作成します。
  • マルチカラーフローサイトメトリー、ELISA、Luminex

低分子バイオマーカー

低分子バイオマーカーを検出して定量化する新しいクロマトグラフィーアッセイの開発/検証において数十年のノウハウを有しています。これらのアッセイは、科学的検証(調査研究用)から、ピボット研究用に完全に検証されたものまで、適切な標準に適合しているか検証できます。

RNAバイオマーカー

次世代のシーケンスベース技術を活用し、個々の細胞やプールされたサンプルの特性を評価、豊富なゲノミクスおよびトランスクリプトミクスデータを生成、バイオマーカープログラムを促進させます。

弊社では最新の10x Genomics® Chromium™システムを使用し、単細胞RNAシーケンス測定値を提供しています。また、最大800個のRNA、DNA、またはタンパク質標的の多重解析に対応するNanoStringサービスも提供しています。

タンパク質バイオマーカー

創薬発見サービス、前臨床サービス、臨床研究サービスを提供しています。迅速に高感度の結果を提供するMSDのMESO QuickPlex SQ120などの多重測定技術を利用した検証済みバイオマーカーアッセイや、Akoya Biosciences® Vectra® Polaris™の自動定量化病理画像処理システムにより、単一のセクションで複数のバイオマーカーの高品質蛍光画像を作成することができます。最大9個のマーカー(8 + DAPI) (9-plex)を10~40xで視覚化することで、サンプルの画像分析、定量化、表現型化が可能です。

また、マルチカラーフローサイトメトリー、ELISA、Luminex®もご提案できます。当社の経験豊富な免疫学者は、タンパク質バイオマーカーのさまざまなカスタマイズ可能な多重分析を提供できます。こうした多重化アプローチを使用することで、患者の治療に対する反応を階層化し、創薬から臨床まで、お客さま固有のバイオマーカー戦略をサポートしています。

当社のバイオアナリシスチームでは、適切な試薬がないタンパク質バイオマーカーでは、高分解能精密質量によるインタクト分析、または従来の定量 LC-MS/MS 技術によるゴールドスタンダードなサロゲートペプチドのアプローチによって、LC-MS/MSベースのサポートを提供することも可能です。

Bioanalysis readouts

We also provide a range of bioanalysis read-outs to support in vitro toxicology studies. 

For more information see our recent posterThe benefits of SLE in the development of a GLP protocol for the measurement of 17β-estradiol and testosterone in the H295R steroidogenesis assay, Test No 456” or explore our Toxicology services.