発見化学

画期的発見のために

CLS-logo.png

発見化学ほど刺激的な分野はありません。最近、最も効果的な癌治療法と画期的な抗ウイルス治療法が、発見化学者の電子ラボノートから生まれました。 

最新の分析技術や実験を活用して、不可能だった治療や処置を可能に近づけてください。

先進的で、創造性のひらめきにより境界を押し広げる科学者チームが、最新の技術と機器を創薬プロセスにもたらします。 

新しい化学分野のフロンティアを探求する準備はできていますか?

課題 

新薬開発の最前線で仕事をしていると、適切な知識、技術、サポートにアクセスすることが難しくなることがあります。新しい治療法に対応するために規制状況が変化するにつれ、コンプライアンスは流動的となり、成功のための適切な人材、分析、データを配置することが難しくなっていきます。

ソリューション  

弊社では、IPの生成、特許の作成、公開においてお客様の創薬プロセスをサポートしています。サイエンティスト同士のコミュニケーションを重視し、お客柾の専門窓口を設置しています。このため、お客様は発見から臨床まで、創薬を加速するための適切なツール、技術、専門知識に直接アクセスすることができます。 

合成プロジェクトでの事例をご覧ください。
Artios社での、DNA損傷反応の新たなターゲットのリード

低分子を超えて

私たちは、低分子の創薬プログラムの工程管理において多くの実績がありますが、それだけではありません。高度な分析装置やAI技術とともに、広範な化学知識を最大限に活用して、次のような新しい製剤モダリティを発見し、進歩させています。  

  • ADC合成
    最先端のバイオコンジュゲーション技術の使用

  • フラグメントベースの製剤設計
    超小型(8~16の重原子)フラグメントのライブラリを使用して、リーンで扱いやすい開始点のエッジを調べて、創薬を行います。

  • 核酸およびヌクレオシドの発見
    当社は、優れた開発者と協力し、最新の合成、精製、特性評価、スケールアップ製造法を使用して行った研究を公開および発表しています。

  • PROTACの発見と合成
    小分子製剤の利点と遺伝子ベースのノックダウンを組み合わせています。

当社のウェビナーでは、抗体薬物複合体(ADC)プロジェクトを加速させる方法を紹介しています。

プロセスの研究開発から生産まで

お客さまが創薬を開発段階に移行したら、当社は最適化からGMP製造までの準備を整えます。 

プロセス研究開発およびGMP製造サービスの詳細をご覧ください。

発見化学の最新資料

Regioselective Amidomethylation of 4-Chloro-3-fluoropyridine by Metalation and Minisci-Type Reactions
Nikolaos Papaioannou, M. Jonathan Fray, Andreas Rennhack, Thomas J. Sanderson, and Jamie E. Stokes J. Org.Chem.2020, 85, 12067-12079

記事を読む

Novel C-7 carbon substituted fourth generation fluoroquinolones targeting N. Gonorrhoeae infections
Ralph Kirk, Mark Betson, Matilda Bingham, Paul Doyle, Rebecca Harvey, Anthony Huxley, John Moat, Thomas Pesnot, Michael Tait, Sebastian Hallworth, Gary Nelson, Bioorg.Med.Chem.Lett., 2020, 30, 127428  

記事を読む