このデータシートは、小麦由来の麺に含まれる鉛を分析するツールとして、エネルギー分散型卓上蛍光X線分析装置、Epsilon 3XLEの能力について調査したものです。サンプルの前処理が簡単で、元素を迅速に測定できるXRF法は、食品業界に注目される分析方法です。製造ラインの近くで分析できます。

国際食品規格(Codex Alimentarius)では、穀物中の鉛の上限濃度を0.2 mg/kgと規定しています(Codex Standard 193-1995)。 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報