Malvern Panalyticalは、粒度分布測定装置の世界有数のサプライヤです。 当社のシステムを採用することで、顧客企業は生産性を最大限まで高め、より良い製品をより速く製造することを実現しています。 物理特性と化学特性の両方を理解するのにキーとなるのは、粒径と粒度分布を管理し理解することです。 粒子径を測定し、粒子径が製品およびプロセスに及ぼす影響を理解することは、多くの製造会社にとって成功するために不可欠と言えます。
  • 世界有数の大学の19/20が、Malvern Panalyticalの粒度分布測定装置を使用
  • 世界最大規模の化学会社の19/20が、Malvern Panalyticalの粒度分布測定装置を使用
  • トップ20の薬品会社すべてがMalvern Panalyticalの粒度分布測定装置を使用

粒径および粒度分布は以下のような材料特性に直接的な影響を及ぼします。

反応速度:

固体では、化学反応速度を決定するのに重要な因子は粒子の比表面積です。 化学反応は、粒子が微細なほど発生しやすくなります。 この原理に頼っている業界の好例は、目的の強度を持つ製品を作るために適切な反応速度を実現する必要のあるセメント業界です。

溶解速度:

より微細な粒子を生成して比表面積を広げることにより、溶解に対する物理的バリアが減少して溶解プロセスがより速やかに行われます。 粒子が微細なほど溶解速度も増します。 これは薬品業界にとって極めて重要です。なぜなら溶解速度が直接的にバイオアベイラビリティに影響し、薬剤の効能につながるからです。

充填密度:

多くの業界にとって、粒子充填効率は重要なアイテムです。 一般に、小さい粒子より大きい粒子を充填するほうがうまくいきません。 粒径を小さくすることにより充填密度を改善すると、空げき率(空間容積)が下がります。 充填成形により金属やセラミックスを生産する際にこれは極めて重要なアイテムです。なぜなら空間容積によって製品に深刻なキズが生じるおそれがあるからです。

製品外観:

粒子がそのサイズに応じて様々なスタイルで散乱光を発する原理は、塗料、インク、トナー、表面コーティングなどのメーカーで活用されています。 これらの業界では、色調、濃淡、透明度、光沢などのパラメータを決定するために、望ましい光の散乱効果を実現する必要があります。

沈殿法:

懸濁液の「安定性」は沈殿(懸濁液中の粒子が液体から分離して沈殿する傾向)を 回避することにより最も簡単に達成されます。 安定性を確保するには、液体を下から押し上げて粒子にかかる重力を平均化する必要があります。 製品の外観にとって一貫性が最も大切である多くの業界では、懸濁液が安定しないと大きな打撃となるおそれがあります。

質感:

粒子サイズは、製品に対するお客様の認識、ひいては会社の評判と直接的な相関関係があります。 これは、粒径が製品の満足感に影響を与え得る食品の場合に特に当てはまります。 例えば、コーヒーをいれるときの香りに粒径が影響し、チョコレートの粒径の違いが風味や口当たりに影響します。

Malvern Panalyticalは、サブナノメートルからミリメートルまでのあらゆる種類の粒度解析と特性評価のための世界最先端の機器を製造しています。

当社では、お客様のあらゆる用途に応じるために、湿式および乾式の両サンプルの粒度分布測定に対応する様々な粒度分布測定器を取り揃えています。 これらのシステムは、世界中のあらゆる業界の製品開発、生産、品質管理とともに研究開発機関においても使用されています。

当社の粒度分布測定器ラインナップでは、様々な測定原理を採用して0.3 nm~>3 mmのサイズ範囲に対応しています。