ゼータサイザーナノの後継機―あらゆる用途に対応するDLSゼータサイザーアドバンス. 詳細はこちら

詳細はこちら

ゼータ電位

処方の安定性や保存期間向上と、調合時間の短縮、コスト削減のためのゼータ電位測定

ゼータ電位は、粒子間の静電気または電荷反力/引力の大きさの評価基準で、安定性に影響を与えることが知られている基礎的パラメータの1つです。 ゼータ電位を測定することで、分散、凝集または綿状沈殿の原因について詳細な知見が得られるため、分散液、エマルションおよび懸濁液の成形を改善するために適用することができます。 

新しい製品設計の導入スピードが、製品を成功へと導く重要な鍵となります。 ゼータ電位測定により、テスト対象の候補数を減らすことで安定性試験を短時間で行うことができる可能性があります。それにより、テスト時間、費用を削減するだけでなく保管期間の改善も可能です。

水処理において、ゼータ電位測定を用いた投与量のモニタリングを行うことによって、リアルタイムで投与量制御を最適化することで化学添加物の費用を大幅に削減できます。

ゼータ電位の測定は、セラミックス、医薬品、薬物、選鉱作業、電子機器、および水処理を含む幅広い業界の重要な用途に適用されています。

Malvern Panalyticalは、ゼータ電位の、ひいては電気泳動移動度を測定する最先端のゼータ電位分析装置を提供しています。 Zetasizerシリーズは、研究室/工程環境でのゼータ電位を測定するためのシンプルで高速かつ精度の高い方法と、低価格のディスポーザブルなU字キャピラリーセルを含むさまざまな種類のセルを提供します。

ゼータサイザーアドバンスシリーズ

ゼータサイザーアドバンスシリーズ

あらゆる用途に対応する光散乱装置

詳細
詳細
測定タイプ
ゼータ電位
技術
動的光散乱法(DLS)
電気泳動光散乱
Environment
Environment Lab - bench