スプレーアプリケーションの分野における35年以上の経験を基に、Malvern Panalyticalのスプレーテックは、スプレーおよび粒状化プロセスを把握するために必要なデータを提供します。 スプレーテックには次のような機能があります。

  • 光学系交換不用で、さまざまなサイズ範囲(0.1~2000ミクロン)の測定に対応
  • 1秒間に最大10,000回の測定を行うことで、経時的に急激に変化する液滴径を適切に測定
  • 特許取得済みの多重散乱補正機能を用い、濃度に左右されない正確な結果を提供
  • 光学系を汚すことなく、さまざまなスプレー噴霧特性を評価します。
  • 独自のソフトウェアを使用し、スプレー粒子径の動的な変化をサイズヒストリーで表示します。

Malvern Panalyticalのスプレーテックは、レーザ回折の手法を用いてスプレー液滴および噴霧粒子径の測定を行います。 レーザー光が、スプレーを通過する時に散乱した光のパターンから、粒度分布を測定します。 その後、この散乱パターンを解析し、液滴径を計算します。

スプレーテックシステムは主に以下の要素で構成されています。

  • レーザー光発振部。測定時にスプレーの照射に使用される平行レーザー光源を含んでいます。
  • レーザー光受光部。2つのレンズ(300mmまたは750mm)のうちどちらかを設置できます。それにより、スプレーによって散乱された光が一連のディテクターに当てられます。 幅広い角度に配置されたディテクターが、スプレーの液滴によって散乱された光の強度を正確に測定します。
  • オプティカルベンチ。トランスミッターとレシーバーの位置を確実に合わせます。 ベンチの長さはアプリケーションに合わせて変更でき、ヒストリー調整できます。
  • スプレーテックソフトウェア。測定プロセス中にシステムを制御し、散乱データを解析してスプレーの粒子液滴径の分布を計算します。 結果は「サイズヒストリー」トレンドプロットで表示されます。これにより、液滴径の経時変化を「即座に発見」できます。

一般

原理:
レーザ回折式
解析項目:
特許済みの多重散乱補正機能を含むMieおよびFraunhofer散乱
データー取得速度:
高速モード:10kHz 連続モード:1Hz
最長測定時間:
高速モード:30秒 連続モード:60分
測定トリガータイプ:
内部:透過光量または光散乱レベル 外部:TTL入力またはスイッチトリガー
外部デバイス同期:
TTL出力ポート(2機)

光学系

光源:
最大4mWのHe-Neレーザー、632.8nm
レンズ配置:
Fourier (平行ビーム)標準フーリエ型
レンズの焦点距離:
300mmおよび750mm
測定範囲:
0.5 µmで150mm。5 µm以上では1m以上まで拡張

検出器

配置:
36素子対数間隔配列
角度範囲:
0.015~17度**
光軸調整:
自動

サイズ範囲パフォーマンス

粒子サイズ:
300mm lens: 0.1 – 900 µm (Dv50: 0.5 – 600 µm). 750mm lens: 2 – 2000 µm (Dv50: 5 – 1600 µm).
精度:
1%以下***
繰り返し性:
1%以下***
再現性(非連続測定時):
1%以下***

ソフトウェア

21 CFR パート 11:
オペレーティングモードER/ES準拠

システムコンプライアンス

レーザー安全性:
クラス3R、IEC60825-1:2007およびCFR Chapter 1: Sub-chapter J: Part 1040 (CDRH)
規制試験:
CE / FCC準拠 欧州低電圧指令の要件を順守

寸法・重量

ラボ用システム:
950mmオプティカルベンチ:950mmx550mmx610mm (36kg) 1400mm オプティカルベンチ:37kg 1400x550x610 (37kg)
スプレー設備用システム:
950mm オプティカルベンチ:950mmx550mmx650mm (36kg) 1400mm オプティカルベンチ:1400x550x650 (37kg)

システム

電源:
100/240v、50/60Hz
製品保管温度:
-20°C~+50°C
動作温度 (°C):
+15°C~+40°C
湿度:
31°Cまでは最大80%。以降は40 °Cまで50%に線形的に減少 結露なきこと
保護等級(IP):
通常使用時にIP65

備考

*:
これは噴霧範囲の端からスプレーテックレシーバーレンズまでの最大許容距離を指します。
**:
レンズによって異なります。
***:
NIST標準粒子のDv50の測定に関連します。 試料によって異なります。

スプレーテック

Image

Malvern Panalyticalのスプレーテックエアロゾル位置調整アクセサリを使用すると、スプレー液滴径および粒径の測定時に、スプレーテックレーザ回折測定ゾーンを基準にして、エアロゾル缶またはポンプ型のスプレーの位置を調整し固定できます。

これにより、スプレーの測定位置に関する結果のばらつきをなくす事ができ、エアロゾル製品に対して再現性の高い試験を実行できます。

詳細
Image

エアパージアクセサリは、スプレー噴射が広範囲、または局所に集中する際の、液滴による光学系の汚染を防ぎます。 これにより、ペイントスプレーや農薬アプリケーションシステムなどの繰り返し評価が可能になります。

詳細
Image

スプレーテック排気用アクセサリは、スプレー粒子径測定中にスプレー液滴と粒子を吸引する手段を提供します。 これにより、測定時のスプレー粒子の飛散(暴露)が抑えられ、スプレー液滴が身体にかかるリスクも管理できます。

詳細
Image

スプレーテックの吸入器・ネブライザ用アクセサリを使用すると、定量吸入器(MDI)、乾燥粉末吸入器(DPI)、ネブライザで生成された液滴または粒子の粒度分布を再現性の高い方法で測定できます。 成形体をすばやくスクリーニングし、適切な分散特性を評価できるので、新しい吸入剤デリバリーシステムの開発に必要な詳細情報を入手できます。

詳細
Image

点鼻薬用アクセサリを使用すると、生物学的同等性試験または品質管理の一環として、鼻腔へのドラッグデリバリーにおけるデバイスから生成された液滴または粒度分布を再現性の高い方法で測定できます。 点鼻薬のデバイス、製剤、デバイス駆動プロファイルに対する変更が噴出時の液滴径にどのような影響を与えるか、調査することもできます。

詳細
Image

スプレーテック湿式分散アクセサリは、水性または非水性の分散媒中のサンプルを測定するために作られたコストパフォーマンスの高い湿式サンプル分散ユニットです。

詳細

お客様がマルバーン製品をお買い求めになってから、製品が寿命を迎えるまで、マルバーンはお客様を継続的にサポート致します。 お客様によっては、必要時にのみ、ご質問への回答やソフトウエアのアップグレードを必要とされる方もいらっしゃれば、定額料金での継続的なサポート契約を希望される方もいらっしゃるでしょう。 お客様のご状況に合わせ、マルバーンは最適なサポートをご提供いたします。

ヘルプデスク

  • 電話およびEメールでのサポート
  • お電話にて対応させて頂いたオペレーターが、責任をもって、お客様にご回答差し上げます。 

トレーニング

  • オンサイトトレーニングコース
  • ユーザー研修
  • Eラーニング

リソースセンター

  • アプリケーションノート
  • テクニカルノート
  • オンデマンドのオンラインプレゼンテーション
  • ライブウェブセミナー

ソフトウェアダウンロード

  • 最新ソフトウェアをダウンロード

プラチナ・ゴールド保障契約

  • ダウンタイム中のコストを最低限にします。
  • ダウンタイムの短縮
  • メンテナンスコストを一定に抑えます。

ブロンズ点検

  • メンテナンスコストを一定に抑えます。
  • ダウンタイムリスクを最低限にします。
  • ハードウェア・ソフトウェアの診断・点検を行います。