アスファルト(ビチューメン)は、道路(舗装)、屋根および建築業界で使用される石油製品です。 この黒色の粘弾性材料は芳香族炭化水素の混合物(産出地によって異なる)であり、複雑なコロイド系と考えられています。

アスファルトは、道路(舗装)建設で骨材と共にバインダーとして使用されるため、性能と寿命の決定要素となります。 改質アスファルトバインダーの機械的特性を強化するために、ポリマーやクラムラバー(再生ゴム粉)、オイル、pH 調整剤などの添加剤が使用されます。 防水および再舗装用材料として、アスファルトエマルジョンも使用されます。

マルバーンが持つアスファルト産業とアプリケーションの専門知識を活用することで、マルバーンの装置は以下のようなことを可能にします。

  • 業界標準に適合した等級付けテスト(例:AASHTO の仕様に適合した PG および改質バインダー)
  • マスターカーブによるレオロジーの挙動の完全な特性評価
  • 配合の開発と品質管理の測定指標
  • 混合温度と締め固め温度の把握
  • 中温化アスファルト、クラムラバー(再生ゴム粉)および回収アスファルト舗装(RAP)
  • 疲労または蓄積ひずみの固体テスト
  • エマルジョン安定性、粒子径計測および粘度プロファイル測定
  • 競合製品の比較およびベンチマーキング

動的せん断レオメーター(DSR)によるレオロジー特性評価は、アスファルトバインダーを時間軸に沿った挙動および荷重条件、ならびに異なる気候条件下で分類する標準的な手法です。 これは粘度および針入度(pen)の等級付けを補完するものです。

マスターサイザーシリーズ

マスターサイザーシリーズ

世界で最もよく利用される粒度測定装置

詳細
測定 粒子サイズ
測定範囲 0.01µm - 3500µm
技術 レーザ回折
分散タイプ 湿式, 乾式, 湿式・乾式

OmniSEC

OmniSEC

世界最先端のマルチ検出器GPC/SECシステム

詳細
測定 分子構造, 分子サイズ, 分子量
測定温度範囲 20°C - 65°C
技術 ゲル浸透クロマトグラフィー, サイズ排除クロマトグラフィー (SEC), 静的光散乱

卓上蛍光X線分析装置 イプシロン1

卓上蛍光X線分析装置 イプシロン1

たった40×40cmのスペースで元素分析 小型・パワフルな卓上XRF

詳細
測定 Elemental analysis, Contaminant detection and analysis, Elemental quantification
元素範囲 Na-Am
分解能(Mg-Ka) 135eV
LLD 1 ppm - 100%
サンプル処理 40per 8h day - 80per 8h day
技術 Energy Dispersive X-ray Fluorescence (EDXRF)

マスターサイザーシリーズ

マスターサイザーシリーズ

世界で最もよく利用される粒度測定装置

OmniSEC

OmniSEC

世界最先端のマルチ検出器GPC/SECシステム

卓上蛍光X線分析装置 イプシロン1

卓上蛍光X線分析装置 イプシロン1

たった40×40cmのスペースで元素分析 小型・パワフルな卓上XRF

詳細 詳細 詳細
測定 粒子サイズ 分子構造, 分子サイズ, 分子量 Elemental analysis, Contaminant detection and analysis, Elemental quantification
測定範囲 0.01µm - 3500µm    
測定温度範囲   20°C - 65°C  
元素範囲     Na-Am
分解能(Mg-Ka)     135eV
LLD     1 ppm - 100%
サンプル処理     40per 8h day - 80per 8h day
技術 レーザ回折 ゲル浸透クロマトグラフィー, サイズ排除クロマトグラフィー (SEC), 静的光散乱 Energy Dispersive X-ray Fluorescence (EDXRF)
分散タイプ 湿式, 乾式, 湿式・乾式    

マスターサイザーシリーズ

OmniSEC

卓上蛍光X線分析装置 イプシロン1

マスターサイザーシリーズ OmniSEC 卓上蛍光X線分析装置 イプシロン1

世界で最もよく利用される粒度測定装置

世界最先端のマルチ検出器GPC/SECシステム

たった40×40cmのスペースで元素分析 小型・パワフルな卓上XRF

詳細 詳細 詳細
技術
レーザ回折
ゲル浸透クロマトグラフィー
サイズ排除クロマトグラフィー (SEC)
静的光散乱
Energy Dispersive X-ray Fluorescence (EDXRF)