効率的な造粒プロセスは、下記を目的とした継続的な粒子径測定によって決まります。

  • 信頼性の高いエンドポイント検出
  • 正確な造粒プロファイル制御
  • 継続的な処理における効果的な制御
  • リアルタイムの粒子モニタリングおよび制御

顆粒の粒⼦径は、溶解性、バイオアベイラビリティ、加⼯性などさまざまなパフォーマンス特性に影響を与えます。 場合によっては、下流プロセスのパフォーマンスに対する影響が原因で非結合微粒子を制御したり、許容可能な散布レベルを持つ安全製品を保証したりする必要があります。

造粒は、錠剤の前段階として広く適用されています。 この段階で、造粒特性および微粒子レベルを最適化し、タブレット成形、混合の均質性、効果的な圧縮、そして高品質錠剤の製造という安定した作業工程を実現する必要があります。 製薬業界では、バッチ錠剤製造から連続製造へと向かう取り組みが続けられており、それにより造粒制御の向上に対するニーズがますます高まっています。

高せん断造粒では、湿度と粘着性の高い環境において、固体の投入量が多く堅牢で継続的な粒子径測定が要求されます。 流動床造粒機内の測定も、求められる基準は厳しくなります。 Parsumプローブは、空間フィルター速度計測を用いており、このアプリケーションに最適です。 造粒機に直接取り付けることで、信頼性の高いリアルタイムデータを24時間滞りなく提供します。 異なる長さのプローブにより、パイロット版から商用スケールまでの測定が可能です。

乾式造粒は、湿度に注意する必要がある材料に最適な造粒手法です。 ここで、関連する乾式粒子径測定の要件、および細粉から顆粒への繊維を測定するためのニーズを満たすのが、レーザー回折テクノロジーです。

いかなる造粒テクノロジーでも、マルバーンは装置サプライヤー様と協⼒しソリューションを提供します。