以下のような⽬的を達成するために、粉砕プロセスの場合、重要なパラメータをモニタリングすることが重要となります。

  • 厳密に定義された製品仕様の順守
  • 廃棄物の最小化
  • エネルギー消費の最適化
  • スループットの最大化
  • プロセス異常値の迅速な検出

粉砕は多くの場合、製品のパフォーマンスを定義した仕様に合わせて粒子径を小さくする場合に必要となります。 仕様の順守は、市場をリードする製品が品質を維持するために欠かせません。 ただし、粉砕は大きなエネルギーを消費するので、粒子径を小さくしすぎることは避ける必要があります。 多くのプロセスでは、リアルタイム粒子径測定に基づく自動粉砕制御は、エネルギー消費を抑えながらスループットを上げる⽅法として認められています。 迅速な異常値検出により、予期しないシャットダウンを防ぐことができる可能性があります。

粉砕プロセスはgから100 t/hスケールまでとさまざまなです。⼀⽅、投⼊から排出まで記録する粒⼦径の範囲も⽐較的幅広い粒⼦径範囲です。 マルバーンのインシテックは、プロセスのさまざまなアプリケーションに最適なソリューションをご提供します。 ⼤量、粗粒処理のような2段階システムから、低流速システムのシンプルエダクタまで対応しています。 自動化オプションは、単純なデータ表現から統合された自動多変量管理の機能まで処理できます。

マルバーンは、プラント粉砕機メーカー様やお客様と協⼒して作業を⾏うことにより、最低限のコストで高品質の製品を実現する分析ノウハウを提供します。

Laser-diffraction particle sizing pays dividends for wet-process monitoring

Article

Reviewing a Decade of Online Particle Sizing

Article

リソースセンター

オンラインのセミナー、ホワイトペーパー、ユーザーマニュアルなどをお探しですか?

リソースを見る