マルチ検出器システムを利用して、細菌多剤耐性膜タンパク質を界面活性剤であるDDMの存在下で精製したときに生じるタンパク質と界面活性剤の複合体の特性評価を行いました。 また、PDCと遊離DDMミセルの分子量も測定しました、

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報