示差走査型カロリメトリーを使用した最適な治療用タンパク質製剤開発の促進

DSCデータは、溶液中のタンパク質の安定性を予測する上で有用です。 Tmは熱安定性を示します。また、異なる製剤におけるTmを求めることは、低温環境下での凝集およびその他の非可逆的な変化に対する影響も見積もることになります。

ログイン

Not registered yet? Create an account