Polymorphic conversions are an ongoing problem in the pharmaceutical industry. Here we describe the use of Morphologically-Directed Raman Spectroscopy (MDRS®), available on the Morphologi® ID, to distinguish and quantify particles of different polymorphic types of acetaminophen (paracetamol) within a mixture. MDRS is a flexible tool for root cause analysis, product quality and formulation development and is well-suited to identifying even low-level polymorphic contamination.

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報