This note compares the use of three different methods – X-ray diffraction, near infrared spectroscopy and differential scanning calorimetry – for quantifying small amounts of amorphous material in a crystalline matrix, and vice versa.

In this investigation we used alphalactose monohydrate as a model substance. In the pharmaceutical
industry this material is widely employed as a filler and diluent in tablets and capsules, as a carrier substance in dry powder inhalers and as a lyoprotectant during the freeze-drying of proteins. 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報