このアプリケーションノートでは、プレスペレットとしてプレパレーションした土壌サンプルに含まれるAs、Cd、Cr、Cu、Mo、Ni、Pb、Znなどの重金属汚染物質の分析において、デスクトップタイプエネルギー分散型蛍光X線分析装置であるEpsilon 3XLE がいかに有効であるかについてご紹介します。

土壌の永続的な管理を行うには、化学汚染からの保護が必要です。 汚染により、土壌の肥沃度が低下するだけでなく、有害な濃度の金属(およびその他の化学物質)が人間の食物連鎖に入り込む可能性があります。土壌汚染は、産業、鉱山、車両の排出ガスに含まれる大気沈着物によって直接的および間接的に発生することがあります。

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報