This application note demonstrates that the Epsilon 5 is ideally suited for measuring iodine in foods because it can provide fast and reliable results with very little sample preparation. Furthermore, it can be used by operators of all skill levels without generating any hazardous waste.

Traditionally iodine is measured using wet chemical techniques such as ICP-MS which require elaborate sample preparation steps and create hazardous waste streams. 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報