In this study the improved performance of PX10 relative to LiF200 is shown by comparing the measured sensitivities, calculated detection limits and decreased measurement times for the K-lines of elements between potassium and cerium.

For low-level trace element analysis by wavelength dispersive XRF (WDXRF), it is essential to maximize the analyte peak to background ratio and maintain a high spectral resolution to minimize line overlap issues. The most commonly used dispersion or analyzing crystal for the analysis of elements from potassium to uranium is the LiF200 crystal. 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報