Evolution of the long period of oriented polypropylene film in the temperature interval 25 – 150 °C

The use of the Empyrean diffractometer in combination with the Anton Paar MHC-trans chamber enables us to characterize changes in the long period of α-polypropylene lamellae in the temperature range from 25 ºC to 150 ºC, using in situ SAXS.

One of the main parameters characterizing a lamellae stack is the distance between two crystalline layers (the long period). Generally the long period is in the order of tens of nanometers and therefore can be easily measured using small angle X-ray scattering (SAXS). Here we present an in situ study of the long period of α-polypropylene as a function of temperature. 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報