In this data sheet we present a typical quantitative determination of the phase content as well as of process critical parameters for the production of direct reduced iron (DRI).

Direct reduced iron (DRI), also called sponge iron, is produced by the reduction of iron ore (in the form of lumps, pellets or fines) with a reducing gas (primarily hydrogen or carbon monoxide) produced from natural gas or coal. In order to achieve maximum efficiency of the production process, a number of parameters need to be monitored, such as metallic iron content (Femet), metallization (Metn), total carbon content (Ctot) and the mineralogical phase content. 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報