As it has been previously demonstrated[1], borate fusion using an M4TM gas instrument, coupled with Wavelength Dispersive XRF, has the qualities needed to comply with the analytical targets described in both the ASTM C 114[2] and the ISO/DIS 29581-2[3]. As the demand for electric fusion devices increases in the cement industry, it is of interest to evaluate the performance of the LeNeoTM electric fusion instrument to assess its capacity to comply with these analytical standard test methods using the same calibration strategy.

To read the full application note, please login or create a free account.

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報