Biopharmaceutical proteins are characterized and optimized for stability throughout development. Differential scanning calorimetry (DSC) is a key biophysical assay used to rank order thermal stability. This white paper discusses how DSC is used to select the most stable biopharmaceutical candidate to move into development. Choosing the most stable candidate results in cost-effective drug production, and final drug products that are stable during storage.

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報