ここでは、Malvern Panalyticalの科学者とエンジニアがお客さまのために作成したすべてのコンテンツを検索し、参照できます。 ご覧いただける情報の種類を以下にまとめます。

アプリケーションノート

1つまたは複数の解析方法を使って問題を解決したり疑問を解消するアプリケ―ションについて説明します。

テクニカルノート

Malvern Panalyticalのソリューションに関する科学的概念、実験手法、解析を説明します。

記事

当社が科学関連のメディアや雑誌などで発表した内容のダウンロード可能なコピー(PDF形式)。

ホワイトペーパー

特定の業界の問題の解決に焦点を当て、様々なアプローチの長所と短所を明らかにするガイド。

ウェビナー

当社の科学者やエンジニアあるいはお客さまが実施するライブまたは録画のプレゼンテーション。 内容は科学的アプリケ―ション、問題、実演など多岐にわたり、質疑応答セッションも含まれる。

Resource Center Search

ウェブセミナーやプレゼンテーション、アプリケーションノートや技術資料などを見るためには、会員登録をおこなってください。 検索語句を入力してください。検索結果をフィルタリングするには、ドロップダウンボックスを利用してください。

フィルターをリセットする
以下のアイテム:: 5 , 10 , 20 , すべて
並べ替え:: 日付 or Relevance

前のページ Showing results 1 - 5 of 1579 次のページ

イントロダクションナノ粒子を測定すると、たとえ一次粒子がナノオーダであっても、粗大粒子や凝集体など大粒子が混在することで、大粒子にデータが影響されてしまい、不安定な測定結果になったり、一次粒子が検出できなかったりすることがあります。 本資料では、超遠心機を用いてカーボンナノチューブサンプル中に存在する粗大粒子を除去しました。より微粒子を安定して検出することで、遠心処理によるサンプルの分離の効果の検証や分離後の分画の濃度測定への可能性について検討しました。 サンプルの処理■使用機材 工機ホールディングス製小形超遠心機CS150NX スイング形ロータS50ST7PAチューブ(最大約7 mL、ポリアロマー製チューブ)■使用サンプル カーボンナノチューブ(以降CNTと表記) ■作業内容 試料を7PAチューブに約6 mL入れ、25,000 rpmで遠心分離。遠心時間は60分遠心後、7PAチューブからスポイトで上部2mLを取り出し、別容器に回収。回収したサンプルは蒸留水で500倍に希釈し、直ちに粒子径測定に供与。(60分)遠心処理なしのサンプルは、蒸留水で1000倍に希釈し、直ちに粒子径測定に供与。(0分)■使用機器 ナノトラッキング粒子径測定装置 ナノサイトNS300 405 nmレーザ■測定条件 撮像時間 60秒繰り返し回数 3回カメラレベル 13検出スレッシュホールド 4シリンジポンプ速度 20測定結果遠心によって粒子が沈降していくこと、また、D90の値が最も変化が大きいことから、粗大粒子の沈降が進行していることがわかりました。 また、粒子濃度に関しては、遠心後のほうが高くなっていました。これは遠心前には粗大粒子が強い光で散乱し、小さな粒子の散乱光を隠してしまっていましたが、粗大粒子の沈降によって、弱く散乱する微小な粒子が検出できるようになったと考えられます。 ナノサイトでは動的光散乱法同様に測定原理上、粒子径が球相当で示されるため、CNTをはじめとする高アスペクト比の粒子では、粒子径は正確なCNTの長さとは異なりますが、濃度情報については、遠心処理後のサンプル成分中の粒子濃度としてみていただくことができます。 ▼測定結果のグラフ・PDFダウンロードは、会員登録の上、ログインしてご覧ください。

製品:
ナノサイト NS300
日付:
June 12 2019
言語:
Japanese
詳細
Rapid Mineralogical Analysis of Copper Ores アプリケーションノート

Near-infrared (NIR) reflectance spectroscopy has been used to improve the efficiency of processes and quality of products in many industries. Mining and ore processing are under-utilizing the technology and could benefit from expanded application of NIR. NIR spectroscopy combined with chemometric predictive models are now being increasingly used as rapid techniques to quantitatively analyze mineral ores to provide real-time information that is needed for ore processing. While NIR is most commonly applied to analysis of organic materials, many inorganic minerals have significant NIR features that result from variations in their composition, thus providing the opportunity to create predictive models for these minerals.

製品:
ASD TerraSpec 4 Standard-Res
日付:
June 5 2019
言語:
English
詳細
XPress 1 2019 アプリケーションノート

Our periodical XPress: The customer’s voice contains customer stories, news items, reports of trips and conferences. The theme of this issue is ''Enhance efficiency by sharing knowledge''. Read in each story how our customers have optimized their processes and workflows: Dolomite Microfluidics speeds and simplifies its nanomaterial development workflow Boosting efficiency with better process monitoring and automation Facilitating automatic analysis of thin-film structures From field to plate - Materials characterization for the food industry Know-how for Brazil's mining industry

詳細

Using real-time spectroscopic technology with appropriate calibration modeling, acid and water additions can be more closely controlled to optimize the agglomeration and heap leaching processes. Real-time spectroscopic technology is now available for installation directly over the conveyor belt feeding the agglomeration process for copper production. Both the ASD QualitySpec® 7000 over-the-conveyor analyzer and the TerraSpec® 4 line of mineral analyzers provide valuable real-time information using fast, reliable measurements to feed data back into the process for better decision-making and cost savings by minimizing acid costs, and maximizing metal yield, with multiple constituents monitored simultaneously through one instrument or system.

製品:
ASD TerraSpec 4 Hi-Res
日付:
April 22 2019
言語:
English
詳細
Analysis of Base Metal Sulfides using XRF and Fusion アプリケーションノート

Sulfide ores are important sources for several elements such as Cu, Zn, Pb, Ni, Co, Mo, Bi, Sb, Cd, Ag, Au, Se, Te. To obtain maximum yields from a deposit , it is crucial to know the concentrations of the valuable elements in ores and concentrates at various stages of mining process.

製品:
The Metals edition of Zetium
日付:
April 18 2019
言語:
English
詳細

前のページ Showing results 1 - 5 of 1579 次のページ