Hydro MVは、粒子径が小さい場合に適しています。特に、測定用の試料が限られている場合や、分散媒の使用を最小限に抑えなければならない場合などに最適です。

  • 120mlの容量
  • 40Wの内蔵超音波プローブで凝集を簡単に分散
  • 強力な遠心ポンプシステムにより、偏りのないサンプリングが可能
  • 分散媒の自動供給
  • さまざまな有機溶媒に対応可能
  • 分散媒供給、試料分散、洗浄を含め、あらゆる測定機能をソフトウェアで完全に制御
  • 試料タンクライト付き

液体内で試料を分散するには、各粒子を湿潤化して分離させる必要があります。 これは完全に分散された状態で安定した懸濁液を測定用に作り出す必要性があるからです。

湿潤化を促すためには、適切な分散媒を選択することが大切です。 最も一般的に使われるのは水で、これが適切な場合には測定コストと試料廃棄という点で多くの利点があります。 測定する試料が水に溶けてしまったりする可能性がある場合は、水を使った測定は適切ではありません。 この場合、有機分散媒が必要となる場合が多くあります。また、場合によっては、測定用に安定した懸濁液を作るという制約の中で、分散媒の容量もできる限り抑える必要があります。

超音波処理を使用すると、凝集体の構造を崩すことで湿潤化過程を促します。 再凝集を防ぐために、分散媒に安定剤を加えることもあります。

Hydro MVは、中容量の湿式分散用に設計されており、さまざまな試料の種類に対応しています。 内蔵超音波プローブが分散プロセスを促進しながら、試料全体を偏りなく測定できるように、強力な遠心ポンプで沈殿を防ぎます。 有機分散媒と無機分散媒のどちらでも自動的に分散ができ、分散プロセスを最適化し、解析の効率を向上させることができます。

湿式分散ユニット図:試料タンク、スターラー、遠心ポンプ、内蔵超音波システム

ポンプ速度範囲:
0 ~ 3500rpm † †
ポンプ速度精度:
+/- 50rpm
ポンプ速度分解能:
+/- 10rpm
最大流量:
2.0 l/分 ††
超音波電力、周波数:
40W 最大、40kHz (公称) † †
最大容量:
120ml
分散剤、添加剤および試料と接触する材料:
316ステンレススチール ホウケイ酸ガラス タイゴン® R-3603. ††† バイトン(セルシールのみ - パーフルオロエラストマーにアップグレード可能) PTFE PEEK FEP 窒化チタン アルミニウム(チューブコネクタのみ) アクリル(スプラッシュガードのみ)
最大粒子径:
1500 µm †
測定間の最短時間:
60秒未満 †
寸法(W x D x H):
180mm x 280mm x 300mm
重量:
5kg
†:
試料によって異なります
††:
分散媒によって異なります
†††:
ご要望に応じてその他のチューブグレードもご利用いただけます