November 25 2019 - Ref No: PRJP200225

本セミナーは製剤の結晶を評価するさまざまな手法について、データの特徴や測定原理、応用方法についてご紹介します。

製剤分野での活用事例や問題解決事例も多く紹介していくほか、ラボでの実機のデモもございますので、分析方法にお悩みの方、今お持ちの分析装置の新しい活用方法をお求めの方にも最適なセミナーです。

【概要】

・日付:2020年2月25日(火) 

・時間:13:30~16:30(受付開始:13:00~) 

・場所:兵庫県神戸市中央区港島南町5-5-2 神戸国際ビジネスセンター 4階 C会議室 

・定員:25名様  

・参加費:無料 

詳細・お申込み方法はこちら 

=========================================
プログラム (13:30~16:30、会場13:00~)
=========================================

1. ご挨拶

2. 座学1 最新のXRD測定・解析技術を用いた製薬材料の評価方法
最新の結晶のノンスタンダード定量方法や結晶化度算出方法などの粉末XRDデータの解析例を中心に、最適な測定手法を用いた製薬材料評価事例を紹介します。

3.座学2 X線回折による結晶多形評価のためのサンプル前処理と運用事例
医薬品開発/品質管理のプロセスにおいて需要の多い、高活性、配向性試料、微量やスラリーなど、サンプルの形態や特性に応じたX線回折の活用例を紹介します。 

4. 休憩

5. 座学3 原薬結晶分析に適用可能な粒子物性分析技術
医薬品原薬に要求される主だった特性は、安定性や溶出性などがあります。その制御には結晶学的なミクロなアプローチだけではなく、マクロな粒子形態(径・形状・様相)などを理解することも非常に有用です。
本セミナーでは、基礎から丁寧に応用まで踏み込んでご説明いたします。

6. 休憩・移動

7. ラボツアー・質疑応答