ウイルスの開発と生産では、プロセスのさまざまな段階でのウイルス濃度を確認し、使用するクローンと生産収率を最適化することが重要です。 たとえば、クローンスクリーニング、感染多重度(MOI)の最適化、細胞培養法の適応などのインスタンスは、ウイルス濃度、つまり、通称ウイルス力価に関心がある場合です。

動的光散乱(DLS)は、ウイルスの開発、スクリーニング機能でよく使用され、汚染物質や凝集体を含むサンプルから良好で安定したサンプルを分離します。 Zetasizer Ultraで新しい多角度DLS (MADLS)ベースの粒子濃度測定を使用して、粒子径と粒子径分布、および母集団ごとの粒子濃度を数分以内に取得できるようになりました。

このアプリケーションノートでは、AllerganがZetasizer Ultraの評価から得たデータを快く共有しており、アデノ随伴ウイルス(AAV)のサンプルの例が3つ示されています。 濃度の結果は、カプシドELISAベースのウイルス力価アッセイの結果と比較しています。 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報