Drinking water treatment plants are constantly challenged to manage coagulation chemicals as they strive for the precise dosage to enable a stable floc to form. The chemicals are critical to the filtration process, whether it is a convention floc/sed system or direct filtration, including membrane filtration.


Chemicals are expensive and account for a considerable amount of a plant’s operating budget, so their oversight can significantly impact the efficiency, operational bottom line, and overall performance of the plant in response to its local demand.


Please login or register to read more.

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報