低合金鋼は、パイプ、自動車車体、航空機の胴体、鉄道レール、海上および陸上の構造工学プレートなどの製造に広く利用されています。 これらの分野では、耐腐食性のある高強度の低合金鋼が採用されます。 通常、低合金鋼には、合金成分(C、Mn、Cr、Ni、Mo、VとSiの組み合わせ)の含有率は10%未満です。 鉄鋼生産では、高精度かつ高速の元素分析が不可欠です。 品質規格に準拠するだけでなく、競争が激化していく環境で鉄鋼生産者はコストを節約する必要もあります。

鉄鋼製造業界のニーズに対処し迅速で柔軟な分析を行うために、Malvern Panalyticalは連続した連続および同時XRF分光計のZetiumおよびAxios FAST用の低合金鋼(LAS)パッケージを提供しています。 このソリューションは90種類以上の認定参照物質(CRM)に基づいており、ドリフトおよびサンプル調製補正用のさまざまな元素(最大21種類の元素と4種類のモニターサンプル)に対応します。




LASモジュール(Malvern Panalytical WD XRF分光計用)

低合金鋼(LAS)キャリブレーションは、複数のサプライヤから提供された90種類以上の認定参照物質を使用して開発されました。 キャリブレーションプロセスで、このマスターキャリブレーションが6種類のCRMを使用して転送されました。 このモジュールは、次の材料の分析に最適です。 


• 高強度低合金

• 高耐熱鋼(クロム - モリブデン鋼)

• 低温鋼(ニッケル鋼)

• 耐候鋼および降伏応力鋼

• 高張力鋼


LASモジュールには次のものが含まれます。

• ドリフトモニターとサンプル調製補正用の4種類のモニターサンプル

• トレーサビリティ文書

• 安全に保管するためのスーツケース




ZetiumまたはAxios FAST連続分光計および同時分光計で低合金鋼(LAS)の用途に対応する元素とその濃度範囲(wt%): 


元素

 濃度範囲(wt%)

元素

 濃度範囲(wt%)

C

< LLD~1.29

Cu

0.0013~0.66

Al

< LLD~0.3

As

0.0005~0.14

Si

< LLD~1.46

Zr

0.0015~0.2

P

0.002~0.072

Nb

0.0004~0.3

S

0.0009~0.089

Mo

0.002~1

Ti

0.0005~0.31

Sn

0.001~0.24

V

0.0006~0.52

Sb

0.0005~0.072

Cr

0.0015~5.15

Ta

0.001~0.23

Mn

0.0057~2

W

0.012~0.3

Co

0.0012~0.3

Pb

< LLD~0.024

Ni

0.002~4.45


注記:認証された濃度がLLD値よりも低い場合には、「< LLD」で濃度範囲の下限が示されます


LASモジュールは、ZetiumやAxios FASTなどのMalvern Panalytical WD XRF装置と組み合わせて使用するよう設計されています。 特定のハードウェア要件が適用されます。 このモジュールは、新しいシステムに事前キャリブレーションソリューションとして提供されますが、SuperQソフトウェアを実行している既存の装置にも取り付けることができます。

6種類の転送サンプルがキャリブレーション用にMalvern Panalyticalにより使用できるようになります。 これらの転送サンプルはモジュールには含まれていません。