異同識別(フィンガープリント)ソフトウェア

即時材料識別

Epsilon 4 EDXRFと組み合わされたFingerPrintソフトウェアモジュールは、分析速度が重要で実際の組成は重要ではない場合の材料テストに最適です。一般的にFingerPrintingは、サンプル調製をほとんど、またはまったく必要とせず非破壊的です。

カタログダウンロード
見積依頼 デモ依頼 お問い合わせ

機能

高度なアルゴリズムが課題の多い分析に対応

  • スペクトルベース: 生スペクトルを直接比較してからパス/フェイルを報告。これは、最も簡単に設定する方法です。1つの参照サンプルのスペクトルが測定され、疑わしいルーチンサンプルのパス/フェイル分析に直接使用できます。
  • 主要成分分析(PCA): 複数のサンプルのPMIおよび認証に最適
  • 濃度ベース: 認証済みの濃度に基づいた材料識別。すべての認証済み標準試料を測定する必要はありません

多目的

FingerPrintは、さまざまな目的に使用できます。

  • 納入品の品質管理: 簡単なパス/フェイルレポートにより製造工程で使用される前に到着した材料を検証します。
  • プロセス制御: 材料組成内の障害を特定する
  • 最終的な製品管理: 製品が出荷される前に、簡単なパス/フェイルレポートにより製品を検証する
  • 機械監視: 重機の摩耗を監視し、機器の故障前に警告を受信する
  • PMIおよびと認証: 製品の出所を特定し、単純なパス/フェイルレポートと組み合わせて、純正品から偽造材料を特定する
  • 多国籍企業向け一元管理: 生産時に使用するライブラリを構築する

仕様

容易な操作性

分析はオペレータの介入なしで実施され、データをラボ情報管理システム(LIMS)に送信できます。画面上のレポートは、通常のオペレータ向けに簡単に解釈できるようになっています。緑色は正の一致を示し、赤色は不一致を示します。クラスタ分析と組み合わせた主成分分析(PCA)は、自動フィンガープリントアプリケーション用の強力なツールです。