PIXcel3D

0D-1D-2Dおよび3Dデータを回析計に取り込む最初の検出器

PIXcel3Dは、独自の2D固体ハイブリッドピクセル検出器です。 各ピクセルは、55 ミクロン x 55 ミクロンで、検出器アレイは256 x 256 ピクセルです。 現在、Medipix3テクノロジーに基づく検出器は、1ピクセルの点像分布関数と、複数のエネルギー識別レベルにより、卓越した信号をノイズにもたらします。

見積依頼 デモ依頼 お問い合わせ

概要

0D-1D-2Dおよび3Dデータを回析計に取り込む最初の検出器

PIXcel3Dは、独自の2D固体ハイブリッドピクセルX線検出器です。 各ピクセルは、55 ミクロン x 55 ミクロンで、検出器アレイは256 x 256 ピクセルです。 現在、Medipix3テクノロジーに基づく検出器は、1ピクセルの点像分布関数と、複数のエネルギー識別レベルにより、卓越した信号をノイズにもたらします。

Medipix3テクノロジーがもたらすものは以下のとおりです。

  • CrからCuへの検出エネルギーの範囲の増加
  • エネルギー分解能の改善
  • 直線性範囲の拡大
  • 検出効率の改善
  • 文書化された(公開された)放射線耐性研究。

仕様

タイプMedipix3を備えたPIXcel3D検出器
ウィンドウサイズ14 mm x 14 mm
能率 Cu Kα95%未満
99% 直線性範囲0 – 6.5 x 109 cps – 全体
0 - 25 x 106 cps - 列
Cu Kα周辺でのエネルギー分解能18%
最大カウントレート30 x 109 cps – 全体
120 x 106 cps - 列
最大バックグラウンド<0.5 cps - 全般
有効長14 mm
最小ステップサイズ0.0016º 2θθ (半径240mmのゴニオメータ)
サポート対象波長Cu、Co、Fe、Mn、Cr
点像分布関数(PSF)1ピクセル(FWHM)
欠陥画像< 1%