機能

幅広いアノード素材 

Empyrean管球は、Cr、Mn、Fe、Co、Cu、Mo、Agのさまざまなアノード材のものが標準で用意されています。 ご要望に応じてその他のアノード素材もご用意いたします。 高エネルギーX線散乱分析には、MoおよびAgアノードを使用します。 アノードの種類によって異なりますが、アノードは最大3 kWの出力負荷に対応できるように設計されています。 

焦点スポットサイズの柔軟性 

Empyrean管球では、安定性および再現性の高い状態で、簡単にラインフォーカスとポイントフォーカスを切り替えることができます。 集光スポットは、輝度が最大になるように最適化されています。また、高出力ファインフォーカスとブロードフォーカスの2つのタイプが用意されています。 これらの放出電流は、最大60 mAにすることができます。 安定性と信頼性の向上 Empyrean管球の設計は、X’Pert管球の設計で実証されているように、完全な耐食性を保証しています。 また、Beウィンドウの数が少ないことと、ウィンドウのサイズが小さいことにより、ウィンドウからの真空漏れが発生する可能性が最小限に抑えられています。 持続可能性 Empyrean管球は、耐用期間終了後に簡単に分解してリサイクルできるように設計されています。 また、管球には、ポイントフォーカスまたはラインフォーカスの各形状に合わせて仕上げられたベリリウムウィンドウが2つしかありません。 これにより、管球のベリリウム含有量が50%以上削減されています。