パナリティカルは、自社X線管球工場を持つ唯一の大手X線分析装置サプライヤです。この施設は40年以上の歴史を持ち、豊富な経験を活用して、次のような関連するあらゆる管球を自社生産しています。

• ガラスおよびメタルセラミック
• 低/中/高出力(10~4000 W)
• 各種高電圧(30~60 - 100 kV)
• サイドウィンドウ、エンドウィンドウ、ターゲットトランスミッション、マイクロフォーカス
• 各種フォーカスタイプ(ブロード、ノーマル、ファイン、ミニフォーカス)
• 多くのアノードタイプ( Sc、Ti、Cr、Mn、Fe、Co、Cu、Mo、Rh、Ag、Gd、W、Au)
X線管球開発と製造を独自に管理しているため、X線光源の革新性を保ち続け、性能を引き上げることができています。パナリティカルでは、XRFおよびXRD用のさまざまなX線管球を製造するとともに、検査、非破壊検査、計器など、その他の産業用アプリケーションも生産しています。また、標準モデルとともに、具体的な要望に応じたX線管球のカスタマイズにも対応しています。X線管球は1本からご注文いただけます。また、ボリューム契約をベースとした少量または大量注文も可能です。