アルキメデスは、共振式質量測定の手法を用いて50nm~5µm*の粒子を検出してカウントし、粒子重量と粒子径を測定する、革新的な高機能システムです。 免疫原性および製品の安全性に関する問題として特に着目されている、200nm~5µmの範囲内外のタンパク質凝集体を定量的に測定します。

アルキメデスの中核にあるのはMEMS(Micro Electro-Mechanical Systems)テクノロジーセンサです。高い感度、高い信頼性、再現可能な形で凝集体を1つずつ測定できます。 また、試料の濃度、粘度、多分散性、密度、体積に関する情報を提供し、負の浮力を持つタンパク性粒子と正の浮力を持つ汚染シリコンオイルの飛沫を区別できます。

測定項目

  • 粒子数
  • 粒子径
  • 粒子の浮遊重量
  • 粒子の乾燥重量
  • 粒子密度
  • 粒子の表面積
  • 試料量
  • 試料濃度(粒子/mL)
  • 試料密度

主な利点:

  • バイオ医薬品の製造と開発における評価に最適。
  • 50nm~5µmの粒子径の粒子を独自の方法で正確にカウント。
  • 超高感度:最小で450ag(アトグラム)の粒子重量を測定。
  • 50nm~5µmに対応する高精度の粒子径測定。
  • 高い粒子径分解能(1µmの直径で20nm未満)。
  • 少ない試料使用量:わずか100µL。
  • 負の浮力を持つ粒子と正の浮力を持つ粒子の区別。
  • 高濃度試料(最大109粒子/mL)および高粘度試料(最大50cP)を測定可能。
  • 短時間でNISTトレーサブルな校正が可能
  • 再現性の高い結果。
  • 直感的で使いやすいParticleLabソフトウェア。

*試料によって異なります

アルキメデスは、共振式質量測定という手法を用いて粒子のカウント、特性評価を行います。 アルキメデスの中核にあるのは、MEMS(Micro Electro-Mechanical Systems)センサです。 MicroセンサとNanoセンサという2種類のセンサの付け替えにより、さまざまな用途に対応します。 各センサは、マイクロ流体ネットワーク、および特定の周波数に共振する微細なカンチレバーで構成されます。 このカンチレバーに埋め込まれているのがマイクロ流体チャンネルです。 アルキメデスのシステムがこのチャンネル内に試料を通すと、カンチレバーの共振周波数が変化します。 この共振周波数の変化は、カンチレバーのチップにレーザーの焦点をあて、反射された光を分割フォトダイオードディテクターによって受光することによって検出します。

センサを通る各粒子によって共振周波数が変化し、試料内の粒子の浮遊重量を、正の浮力でも負の浮力でも正確かつ精密に測定できるようになります。 この測定値を基に、重量、粒子径(球相当径)、および表面積が計算されます。 試料の濃度、密度、体積、多分散性から、総合的な評価も行えます。

アルキメデスにはParticleLabというソフトウェアが付属しています。このソフトウェアで、簡単に装置を制御し、データを操作、表示できます。 ParticleLabは、シンプルで直感的な操作により、精密な装置の制御と多種多様なデータ処理が可能です。

アルキメデスは、共振式質量測定法の原理に従って、幅広いパラメータを簡単にすばやく測定できます。

測定モード1:粒子径

測定範囲:
50nm* - 5µm.
精度:
NISTトレーサブルラテックス標準粒子で+/-1%以内
精度/繰り返し性:
NISTトレーサブルラテックス標準粒子で+/-1%以内
分解能:
1µmのポリスチレンビーズをH2Oに入れたとき+/- 20nm以内

測定モード2:粒子浮遊重量

検出下限:
450ag。
精度:
NISTトレーサブルラテックス標準粒子で+/-3%以内
精度/繰り返し性:
NISTトレーサブルラテックス標準粒子で+/-3%以内

測定モード3:粒子のカウント/試料濃度

測定範囲:
104粒子/mL~109粒子/mL
精度:
NISTトレーサブルラテックス標準粒子で+/-10%以内
精度/繰り返し性:
NISTトレーサブルラテックス標準粒子で+/-5%以内

測定原理:共振式質量測定法

測定時に取り込む試料量:
100µL
実際に測定される試料量:
10nL~10µL
試料粘度範囲:
<1cP~100cP
流体密度に対する精度:
0.8g/cc~1.2g/ccの密度で<0.002g/cc
特許:
US 8087284 B2
光源:
685nm、35mWレーザー

寸法・重量

寸法(W x D x H):
610mm x 585mm x 305mm
重量:
23.6kg
電源:
110V/220V

使用環境

温度:
18°C~25°C
湿度:
35% ~ 80%(結露なきこと)
*:
試料によって異なります

アルキメデスには、システムの柔軟性と使い勝手を向上させるアクセサリと交換部品がいくつか用意されています。

アルキメデス

校正用基準粒子

MicroセンサおよびNanoセンサ用のNISTトレーサブル単分散校正用標準粒子

Image

アルキメデスでは、2種類のNISTトレーサブル標準粒子(Hi-Q Microセンサ用とNanoセンサ用)を用意しています。

詳細

センサ

アルキメデスの中心技術

Image

MEMS(Micro Electro-Mechanical Systems)センサは、粒子の共振式質量測定を可能にする中心技術です。

詳細

2種類のねじぶた式のガラス製バイアル(容量20mLと40mL)がアルキメデスで使用できます。 専用のバイアルシールを使用すると、アルキメデスの流体システム全体で圧力を維持できます。

  • 20mLと40mLのねじぶた式のガラス製バイアル。
  • バイアルシールで密封できるようになります。
  • バイアルは、指だけで留めることができます。
  • リファレンスおよび廃液瓶への流体ラインの密封に使用できる追加シール。
  • 少量の試料では、エッペンチューブなどを20mLバイアル内に入れて使用できます。
  • シリンジ中の試料は、40mLバイアル内にシリンジごとセットできます。
Visit store to buy now

アルキメデス用のリファレンス液と洗浄溶液が提供されています。 リファレンス液は、重水とイオン交換水を混合したもので、アルキメデスのフローシステムの流体密度勾配を提供するものです。 洗浄液は、アルキメデスがタンパク質溶液を測定しているときに使用するためのもので、センサと装置の内部流路を洗浄します。

  • 洗浄液は、調製済みのものを付属しており、長期使用に耐え、頑固な凝集体や沈殿物を短時間で洗浄できます。
  • マイクロ流路内で重水を使用すると、密度勾配を起こし、試料の移動を任意の方向にコントロールできます。
  • 装置の操作は単純で直感的に使用できます。
Visit store to buy now

Malvern Panalyticalのサービスプランは、常にお客様の資産を守り、最適なパフォーマンスを保証します。

お客様がMalvern Panalytical製品をお買い求めになってから、製品が寿命を迎えるまで、Malvern Panalyticalはお客様を継続的にサポート致します。 お客様のニーズに応じて、Malvern Panalyticalが最適なサポートをご提供致します。

ヘルプデスク

トレーニング

ソフトウェア ダウンロード

Malvern Panalyticalのサービスオプション:お客様に最適なプランをお選びください。

Malvern Panalyticalプラチナプラン

装置の使用可能時間を最大限に高めることが日々の装置パフォーマンスには重要と考えておられるラボに。 当社のハイレベルな対応と「包括的」費用プランが、不測の事態が生じた場合の予期せぬ修理費用をカバーします。

Malvern Panalyticalゴールドプラン

装置効率を維持することで、お客様のラボの生産性を高めます。 上記の優先対応を受けていただきながら、専門家による技術サポート・ソフトウェアサポートも併せ、お使いの装置が性能を発揮できるようサポート致します。

Malvern Panalyticalブロンズ訪問点検

装置性能の最適化に注目しているラボには、予防保守がきわめて重要となります。

プラチナプランゴールドプランブロンズ訪問点検
年間PM/PVテスト
あり
あり
いいえ
電話/Eメールサポート
あり
あり
いいえ
優先対応
あり
あり
いいえ
急な故障時の訪問点検*
あり
あり
いいえ
部品込み
あり
いいえ
いいえ
技術サポートおよびソフトウェアサポート
あり
あり
あり
据え付け時適格性確認(IQ)/稼働性能適格性確認(OQ)(医薬)***
あり
あり
あり

*作業費用および出張費用を含む***追加料金にて提供可