サイズ排除クロマトグラフィー(SECまたはSEC-HPLC)は、多孔質ゲルで充填されたカラムからの溶出に基づいて溶解した高分子をサイズ別に分離する分析技術です。

SECを光散乱、粘度検出器および濃度検出器(トリプル検出)と組み合わせることで、絶対分子量、分子径、および固有粘度を測定したり、高分子構造、配座、凝集および分岐に関する情報を生成したりできます。

SECを使用して分子量やその他の特性を測定することで、タンパク質、合成ポリマー、および多糖類などの天然ポリマーの特性評価が可能です。
これらのすべての分子で、これらのパラメータはさまざまな用途での分子の性能と非常に密接に関連しています。 この技術を使用して、次のことが可能です:

  • 生化学者 - タンパク質のオリゴマー化、凝集、結合および配座を理解する。
  • ポリマー化学者 - ポリマーの強度、靭性および性能を管理する。
  • 医薬品製造業者 - 点眼剤などの製品の挙動を調整する。
  • 食品製造業者 - 製品のできばえと品質をより良く理解する。

Malvern Panalyticalは、ポリマー、食品、医薬品およびバイオ医薬品の研究でのポリマーおよびタンパク質の特性評価用に、お客様の用途に適した一連のSECシステムまたは個別のSEC検出器(SEC-MALSなど)を提供しています。