ゼータサイザーナノの後継機―あらゆる用途に対応するDLSゼータサイザーアドバンス. 詳細はこちら

詳細はこちら

ゼータサイザーナノ ZS

Zetasizer Nanoシリーズは2020年11月に販売を終了しました。Malvern Panalyticalでは、Zetasizer Nano製品のアフターケアサポートを、販売終了から最長7年間お客様に継続して提供します。

Malvern Panalyticalでは、DLS測定システムを引き続き提供します。Zetasizer Nano の後継製品になる新しいZetasizer Advanceシリーズでは、これまで計測できなかったものが計測できるなど、より測定の幅が広がります。

サポート依頼 会員登録

User manuals

Software downloads

25 October 2021

8.02

  • 21 CFR Part 11 update
  • Note: a NEW 21CFR11 key will be required to enable and run this software - please contact Malvern Panalytical
8.02

08 October 2020

8.01

  • 21 CFR Part 11 update
  • Note: a NEW 21CFR11 key will be required to enable and run this software - please contact Malvern Panalytical
8.01

06 August 2020

8.00

  • 21 CFR Part 11 update
  • Note: a NEW 21CFR11 key will be required to enable and run this software - please contact Malvern Panalytical
8.00

22 August 2018

7.13

  • Maintenance update
7.13

07 December 2016

7.12

  • Maintenance update
7.12

25 September 2014

7.11

  • Microrheology measurement Enhancements.
  • Static light scattering measurement macro.
  • Zetasizer Nano Helix cells capability.
7.11

16 April 2014

7.10

  • Zetasizer NanoSampler Functionality. The Zetasizer NanoSampler is a versatile, compact sample management autosampler that makes highly precise and reproducible injections of samples into your Zetasizer Nano. This release of software facilitates the control of the Nanosampler through the use of the SOP Player controls. Operation requires the use of a feature key.
7.10

06 February 2014

7.04

  • Maintenance update
7.04

20 September 2013

7.03

  • Double clicking on a DTS measurement file now launches the Zetasizer Software and displays the clicked on file
  • It is no longer possible to delete the child record of a measurement collection without also deleting its parent and all of its siblings
  • The plate scheduler now verifies SOPs before running a plate rather than waiting until the plate reaches the specified well and determining that the SOP is invalid
  • When a SOP fails to export a report at the end of the measurement, the user is now informed where the Software was trying to save the report to
  • The cell types listed in the Nano count rate form have now been made consistent with the currently available list of cells
  • The High Concentration Zeta Cell is now visible on a ZS90 instrument
  • Molecular Weight measurement on Zetasizer µV’s fixed for when optional DLS size measurement selected
7.03

20 April 2013

7.02

  • Firmware update for Zetasizer APS and Zetasizer µV
  • New DTS1070 Cell
  • Further Improvements to the Flow Mode edit result facility
  • Cell Selection enhancements
  • Saving to USB Drives
  • Various bug fixes from v7.01
7.02

20 September 2012

7.01

  • Introduction of Zetasizer Nano ZSP functionality
  • Introduction of new Protein mobility measurement type
  • Introduction of new Microrheology measurement type
  • Protein utilities renamed and extended
  • Zetasizer APS 'Colour by Quality' feature added to plate navigator
  • Updated Aggregation point analysis
  • Improvements to existing features
7.01

20 May 2012

6.34

  • Maintenance Issue
6.34

20 December 2011

6.32

  • Maintenance update
6.32

20 March 2011

6.20

  • Maintenance update
6.20

20 February 2010

6.12

  • Support for new high concentration cell added
6.12

20 May 2009

6.01

  • Support Added for Zetasizer APS and Zetasizer µV
  • Off-line Instrument selection
6.01

20 June 2008

5.10

  • Aggregation Monitor Mode
  • Flow Mode
  • SOPプレイヤー
5.10

20 December 2007

5.03

  • Maintenance release
5.03

20 February 2006

4.20

  • Support for clear capillary cell added
  • Maintenance update
4.20

20 May 2005

4.10

  • Ability to monitor count rate without starting measurement
  • Ability to edit multiple results
  • Titration Tutorial added
  • Ability for display of % over/under added to Zeta Potential Statistics graph
  • Ability to do CMC titrations
4.10

20 July 2004

4.0

  • Addition of protein software, including a solvent builder and protein utilities
  • Support for research software (Requires a one time purchase of a ‘feature key’)
  • New MPT-2 autotitrator functionality, including additive/conductivity titrations and size, zeta potential and intensity at each point, and pre-scan function to shorten titration times
  • The record view headings have been shortened to allow more parameters to be displayed
  • The example results have been updated
  • Measurements of zeta potential using monomodal and general purpose are now consistent
  • The peak in the result at the modulator frequency due to flare is now removed from the data
  • Addition of a range of new reports
  • The record view can now be printed using the ‘file’, ‘print’ menu
  • An error in the zeta potential monomodal analysis has been corrected
  • Advice and Help added on all new features
4.0

20 May 2004

3.32

  • The system will now operate correctly with MPT-2 when connected to the Nano-Z and Nano-S
  • The 'Instrument not responding' error when connected to a network or when running other programs is corrected
  • Editing of existing SOP files works correctly in 21 CFR Part 11 mode
3.32

20 April 2004

3.31

  • The system will now operate correctly with MPT-2 when connected to the Nano-Z and Nano-S
  • The 'Instrument not responding' error when connected to a network or when running other programs is corrected
  • Editing of existing SOP files works correctly in 21 CFR Part 11 mode
3.31

20 January 2004

3.30

  • Ability to run a size versus pH titration added
  • Support for Low-volume quartz cuvette (minimum sample volume 12 microliters added)
  • New Dip Cell SOP with seven minute delay added to allow equilibrium after cleaning
  • Ability to run a temperature trend from high to low temperature added
  • Result records can now be viewed during a measurement
  • Improvements to titrator measuremt process to further reduce measurement time
  • Support for sample filter use with titrator added
3.30

20 August 2003

3.0

  • Correlation function second intercept value appears in dictionary
  • Ability to enter cell voltages manually
  • SOP Editor report pages in alphabetical order
  • Improved Help files
  • Batch Print available of record view menu
  • Electrophoretic mobility (M) visible in zeta workspace
  • Crystal Screening report added
  • Ability to manually enter Mark-Houwinck values into a size record added
  • Phase Plot displayed as default in measurement window
  • Latex SOPs supplied as standard
  • Macromedia flash installed as default
  • Malvern Zeta standard diagnostic report added
3.0

05 June 2018

10.00

Zetasizer Driver for Windows 10 software update v10.00
  • Zetasizer Driver for Windows 10
10.00

アクセサリ

作業を簡単にし、機能をシステムへ追加するために、さまざまなアクセサリが利用可能です。

アクセサリ

ゼータサイザーナノ自動測定ユニット ナノサンプラー

ゼータサイザーナノ自動測定ユニット

ゼータサイザーナノ自動測定ユニット ナノサンプラーは高精度かつこう再現性を可能にしたオートサンプラーです。 ナノサンプラーは、多用途でコンパクトなオートサンプラーです。オペレーターは不要で自動化が可能のため、ゼータサイザーナノの生産性を最大化することができます。 自動化測定はすべてのユーザーに対して利便性を向上させますが、ナノサンプラーは特に、測定回数が多かったり、再現性が重視されたり、多変量解析が必要な場合に最適です。

MPT-2

Simplify pH, conductivity and additive titrations on your Zetasizer Nano

A cost effective accessory designed to automate the measurement of size and zeta potential as a function of pH, conductivity or any soluble additive.

SV-10 粘度検出器

速さ、簡便さ、正確さを備えた粘度測定。

SV-10は、動的光散乱での拡散速度から粒子径への変換時、および電気泳動移動度からゼータ電位への変換時に必要なパラメータである粘度値を,非常にシンプルで迅速なシステムで測定します。

セルオプション

キャピラリーセル (DTS1070)

ディスポーサブルセルの使用により、ゼータ電位測定中のクロスコンタミネーションが防止できます。

コロイドや分子のゼータ電位測定は、他の測定を受けないよう、クロスコンタミネーションを防止することが重要です。 ディスポーサブルセルを利用することにより、クロスコンタミネーションを防止します。

ディスポーサブルキャピラリーセルを使うことで、正確な測定が可能となります。

キャピラリーセルは、ディスポーサブルではありますが、低伝導率のサンプルなどに何度もご利用いただくことも可能です。

自動滴定装置と接続してセルは利用可能です。 pHの範囲を変更し、複数回の測定を行うこともできます。

Universal 'dip' cell kit

Reusable solvent resistant cell.

The dip cell is used for the measurement of zeta potential of samples in aqueous and non-aqueous dispersants, and is designed to be cleaned and reused. It is for batch measurements using standard polystyrene or glass cuvettes.

High concentration zeta potential cell kit

希釈をほとんど行わない、またはまったく行わないゼータ電位測定により時間と労力が節約できます

The high concentration cell enables the measurement of the zeta potential of samples with little or no dilution in any Zetasizer Nano system that measures zeta potential.

The cell has a flow configuration so can be used for stop-flow size and zeta potential measurements using an MPT-2 autotitrator as well as batch measurements.

Surface zeta potential accessory

ゼータサイザーナノの用途を拡張し、材料表面のゼータ電位を測定できます。

表面と界面の特性評価は、消費財、特殊化学製品、製薬およびライフサイエンスなどの広範な産業において非常に重要です。 各アプリケーション分野において、表面および界面での分子と粒子の相互作用は、最終製品の材料特性に影響します。

The surface zeta potential accessory enables the measurement of the zeta potential of flat surfaces such as filter paper, silica, polymers and bone, using a standard Zetasizer Nano system.

石英フローセル(ZEN0023)

粒子径測定のために、試料を送り込む機能をゼータサイザーに追加できます。

  • MPT-2-自動滴定装置で粒子径と散乱強度を測定できます。
  • SECシステムに接続することで、DLSディテクターとして使用できます。

12mm角ガラスセル(PCS1115)

ディップセルに使用するガラスセル

  • 「ディップ」セルを使用した粒子径およびゼータ電位測定用
  • 水系および非水系の溶媒や分散媒に適合

12mm角ポリスチレンセル(DTS0012)

ディスポーサブルのセル

  • クロスコンタミネーションを防ぐための100個のストッパーが付いた100個のディスポーサブルセル
  • 水系分散媒を使用した粒子径測定用
  • ディップセルを使用したゼータ電位測定に適合

12mm角ガラスセル(PCS8501)

バッチ測定用のガラスセル

  • 粒子径および分子量の測定用
  • 水系および非水系の溶媒や分散媒に適合

有機溶媒対応小容量プラスチックセル(ZEN0040)

173°(NIBS)の光学のみを使用した粒子径測定のためのプラスチックディスポーサブルマイクロセル

  • クロスコンタミネーションを防ぐための100個のキャップが付いた100個の40μLセル
  • 水系の試料や、アセトン、ベンズアルデヒド、ブタノン、ジオキサン、DMF、エチルアセテート、イソプロパノールなどの溶剤、その他のさまざまな酸や塩基に適合

小容量石英バッチセル(ZEN2112)

粒子径および分子量の測定用の小容量石英バッチセル

  • 水系および非水系の溶媒や分散媒を使用した粒子径および分子量の測定に適合
  • 最小試料量12μL
  • 最大試料量45μL

ZEN0118

90°の光学のみを使用した粒子径測定のためのディスポーサブル小容量セル

  • クロスコンタミネーションを防ぐための100個のキャップが付いた100個の50μLセル
  • 水系分散媒に適合

工場出荷時取り付けオプション

MPT-2-自動滴定装置用脱気装置

MPT-2-自動滴定装置が使用する滴定剤は定期的な脱気が必要であり、これは各滴定前に行うのが理想的です。

脱気は、投入する滴定剤の量に影響を及ぼす可能性がある気泡を取り除くために必要です。 これはpH値が、少量の滴定剤が必要なpH 7に近い場合に特に重要です。

脱気装置は連続的に滴定剤を脱気する機能を持った強く使用を推奨するアクセサリであり、滴定速度やターゲット pH への到達制度を改善します。 これにより、さらに均一な間隔のpH値が得られます。

サポート契約のオプション

Malvern Panalyticalのサービスプランは、常にお客様の資産を守り、最適なパフォーマンスを保証します。

お客様がMalvern Panalytical製品をお買い求めになってから、製品が寿命を迎えるまで、Malvern Panalyticalはお客様を継続的にサポート致します。 お客様のニーズに応じて、Malvern Panalyticalが最適なサポートをご提供致します。

ヘルプデスク

トレーニング

  • ユーザトレーニングイベント
  • Eラーニング

ソフトウェア ダウンロード

Malvern Panalyticalのサービスオプション: お客様に最適なプランをお選びください。

プラチナメダル

Malvern Panalyticalプラチナプラン

装置の使用可能時間を最大限に高めることが日々の装置パフォーマンスには重要と考えておられるラボに。 当社のハイレベルな対応と「包括的」費用プランが、不測の事態が生じた場合の予期せぬ修理費用をカバーします。

ゴールドメダル

Malvern Panalyticalゴールドプラン

装置効率を維持することで、お客様のラボの生産性を高めます。 上記の優先対応を受けていただきながら、専門家による技術サポート・ソフトウェアサポートも併せ、お使いの装置が性能を発揮できるようサポート致します。

ブロンズメダル

Malvern Panalyticalブロンズ訪問点検

装置性能の最適化に注目しているラボには、予防保守がきわめて重要となります。

プラチナプランゴールドプランブロンズ訪問点検
年間PM/PVテスト
あり
あり
いいえ
電話/Eメールサポート
あり
あり
いいえ
優先対応
あり
あり
いいえ
急な故障時の訪問点検*
あり
あり
いいえ
部品込み
あり
いいえ
いいえ
Eラーニング**
あり
あり
いいえ
技術サポートおよびソフトウェアサポート
あり
あり
あり
据え付け時適格性確認(IQ)/稼働性能適格性確認(OQ)(医薬)***
あり
あり
あり

*作業費および出張費込み**契約期間においてPlatinumで2か所、Goldで1か所***追加料金にて提供可

サポート依頼