測定方法を的確かつ完全に設定すると、日常的なラボ作業で分析法の価値が最大限にまで高まります。 その後、繰り返し発生する測定法のメンテナンス時間をできるだけ短縮する必要があります。

これに対応するため意、Malvern Panalyticalは測定法の全面的な実施を含めた、包括的な分析ソリューションを用意しています。 当社専門家が、お客さまのワークフローに分析モジュールを設定、統合し、使用方法についてラボスタッフを対象にトレーニングを実施します。 最適化手法の検証とメンテナンス手順の設定も実施します。

以下のソリューションは、新しい機器の一部として注文することができ、また、すでに取り付け済みのシステムにも取り付けることもできます。 これを通じて、当社ソリューションが最高の性能を発揮するようにできるため、投資価値が最大限にまで高まります。

次の項目に移動:

元素分析

多様な材料のスタンダードレス元素分析

ターンキー元素分析ソリューション

全く未知のサンプルに出会った場合、またはキャリブレーション用標準サンプルや参照物質が容易に、またはまったく入手できない場合には、スタンダードレスXRFソリューションは貴重な解決策です。 Omnianは、最先端の使いやすいスタンダードレス解析モジュールで、FからUまでのすべての元素に対応します。 圧粉、溶融ビーズ、ルース粉などの幅広いサンプルで、定量分析結果を得ることができます。 重要な用途には、「単発」のサンプルの元素分析、スクリーニングおよび問題解析などがあります。

Omnian専門プログラム

この専門プログラムは、Malvern Panalytical WD XRFおよびベンチトップEDXRFシリーズシステムに対応する、完全ですぐに使えるスタンダードレス分析ソリューションを提供します。 さらに、各種物質のパラメータ設定の処理、完全検証、ドリフトモニタリングワークフローも含まれています。 Zetium、AxiosまたはMagiX分光計には、高速スキャン設定も含まれているため、2分以内にすべての元素範囲で定量化できます。 特定の物質タイプに対応して、TAG設定サンプルなどにより、Omnian設定を改良することもできます。 ご要望に応じて、微量元素や少量の元素の強化定量分析にピークベースの測定を追加することもできます。

付属品:

  • Omnianセットアップサンプル、ドリフトモニターサンプル、Omnian SuperQソフトウェアライセンスのセット
  • Omnianスタンダードレス分析プログラムには、各種物質取り扱い用の処理パラメータも含まれています
  • 高速スキャン設定(Zetium、AxiosまたはMagiXシステムのみ)
  • 解析検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定(解析品質インジケータの使用方法の説明も含む)
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイスとコンサルティング
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • TAGサンプルを使用した特定の元素と物質の精度の最適化
  • 少量および微量物質の強化定量検定のピーク測定を活用
  • WD XRFシステム*の全自動QA/QCワークフローを可能にする統計的工程管理(SPC)

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX、Epsilonシリーズシステム
  • サンプル調製装置

スペシャリストにお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

地質物質および有機物質:高精度の微量元素分析

XRFを使った高精度微量元素分析に対応するターンキーソリューション

採鉱、土壌科学、農業科学、地球科学研究など、幅広い産業セクターの高まるニーズに対応するには、信頼性の高い微量元素データが必要です。 世界各地では、環境汚染規制法が年々厳しくなっているため、多くの産業で低濃度の元素を高い信頼性で定量分析する必要性が高まっています。

微量元素分析は困難なものです。 装置類の最適化、堅牢な測定プログラムの設定、適切なデータ処理は、分析担当者が対処すべき課題のほんの一部にすぎません。 適切なキャリブレーション用標準サンプルの供給と選択は、もう1つの重要な要素ですが、通常この費用は見落とされがちです。

Pro-Trace専門プログラム

経験豊富な分析担当者により開発された微量元素分析用Pro-Traceソリューションは、XRF市場において独自の他に見られないプログラムです。 Pro-Traceコンセプトは、低濃度の元素の検定に伴う独自の課題に対処する先進のアルゴリズムに基づいています。 さらに、エキスパートの知識が取り込まれたソフトウェアは「測定対象」と「測定方法」に対応します。

Pro-Traceは、1桁のppm以下の濃度でも、40種類の微量元素を高い精度で定量化します。 Pro-Traceソリューションには、特別設計されたキャリブレーション設定サンプルとブランク検体が含まれています。 これらの設定サンプルは、200を超える国際認証取得済みの参照物質を参考にしており、これほど広範な参照ライブラリが自社内に設置されていないラボでは、費用を大幅に節約できます。

以下の物質の分析にお使いいただけます。

  • 岩石および土壌
  • セメント
  • クリンカー
  • フライアッシュ
  • 石灰岩
  • 石炭
  • 植生
  • バイオマス

付属品:

  • Pro-Traceキャリブレーション用サンプル、SuperQソフトウェアライセンス、ドリフトモニターサンプル、5 kgのバインダーのセット
  • 最適化された分析プログラムとシステムキャリブレーションの設定により、高品質の微量元素分析を実現
  • 分析手法の検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • 圧粉サンプルの効率的な調製に関するアドバイスとコンサルティング
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • WD XRFシステム*の全自動QA/QCワークフローを可能にする統計的工程管理
  • Pro-Traceソリューションをお客さまの標準作業手順に統合(文書作成および1ヵ所または複数の現場への配備を含む)

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX
  • サンプル調製装置と加圧ペレット材料

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています


地質物質、鉱物、および関連の酸化物


幅広い酸化物の主元素および微量元素を高精度で分析するターンキーソリューション

鉱物、地質学、セラミック、レンガ、セメント、ガラスなどの産業の工程管理、探査、開発、品質管理では、正確で頻繁な元素分析が必要となります。 これにより、工程を最適化して、製品品質と一貫性が保証されます。

X線蛍光(XRF)分光計は、酸化物の元素構成の定量化で確立された分析法です。 XRFには、簡単なサンプル調製、正確で再現性の高い結果、高度に自動化された分析など、数々の重要な利点があります。 この手法では測定時間を数分程度に短縮し、スキルの高いオペレーターが不要になります。

WROXI専門プログラム

高精度の分析には、認証取得済みの標準が不可欠です。 WROXIソリューションには、純度の高い化学物質から得た各種標準が含まれており、正確で追跡可能な結果を入手できます。 WROXIソリューションは、ケイ酸塩、炭酸塩、リン酸塩、岩石土壌、鉄鉱石、マンガン鉱石、セメントなどの幅広い酸化物に適しています。WROXIアプローチでは溶融ビーズを採用していますが、加圧ペレット法の検証に参照メソッドとしても簡単に利用できます。

以下の元素と濃度に対応します。

化合物%化合物%
Na2O0~58Mn3O40~80
MgO0~78Fe2O30~81
Al2O30~78NiO0~12
SiO20~80CuO0~8
P2O50~40ZnO0~10
SO30~59SrO0~20
K2O0~40ZrO20~43
CaO0~80BaO0~43
TiO20~40HfO20~10
V2O50~10PbO0~10
Cr2O30~10

お客さま固有のニーズ応じて、さらに幅広い成分と濃度に対応するよう調整できます。 標準に加え、WROXIソリューションにはサンプル調製から品質保証ワークフローまで手法一式が含まれており、Malvern PanalyticalのWD XRFシステムとも組み合わせてお使いいただけます。

付属品:

  • WROXIキャリブレーション用サンプル、ドリフトモニター用サンプル、メソッド設定テンプレートのセット
  • フラックス1 kg
  • 最適化された分析プログラムとシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現
  • 手法の検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • 溶融ビーズとして効率的なサンプル調製に関するアドバイス(WROXI調製レシピを含む)。実際のビーズ調製にはオプションで対応
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • ルーチン分析用の融合機器を使ったMalvern Panalytical専門家によるビーズ調製
  • WD XRFシステム*の全自動QA/QCワークフローに対応する統計的工程管理(SPC)
  • WROXIソリューションをお客さまの標準作業手順に統合(文書作成および1ヵ所または複数の現場への配備を含む)
  • 特定の物質向けにWROXI標準とアプリケーション設定をカスタマイズ
  • 加圧ペレットキャリブレーション用に自社内の材料を認証、WROXIアプローチを採用

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX
  • 溶融ビーズを使用したサンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

セメントおよび関連の原材料


セメント、クリンカー、原料、石灰岩、粘土、石膏を高精度で分析するターンキーソリューション

セメント工場の工程管理では、原材料、原料、クリンカー、セメントの元素組成を継続的に高精度で測定する必要があります。 この解析は、供給速度、窯内の温度、粉砕時間などの生産加工パラメータに直接影響します。各パラメータを最適化すると、生産コストを最低限に抑えることができます。 さらに、高精度の解析により製品品質と一貫性が保証されます。

X線蛍光(XRF)分光計は、セメントおよびセメント関連材料の元素組成の定量化に確立された分析法です。 XRFは、簡単なサンプル調製、正確で再現性の高い結果、高度に自動化された分析など、数々の重要な利点を提供します。 XRFは測定時間を分単位にまで短縮し、ルーチン分析が工場のオペレーターでも実施できるようになります。

CEMOXI専門プログラム

高精度の分析には、認証取得済みの標準が不可欠です。 CEMOXI標準セットは高純度の化学物質から生成され、追跡可能なため、極めて精度の高い濃度を実現します。 CEMOXI標準セットは、セメント生産に利用される各種原材料に適しています。 CEMOXIアプローチは溶着ビーズを採用していますが、加圧ペレット法の検証で参照手法としても簡単に利用いただけます。

以下の元素と濃度に対応します。

化合物%
Na2O0~1.0
MgO0~6.0
Al2O30~10
SiO20~24
P2O50~0.5
SO30~59
K2O0~2.0
CaO(0~)20~70
TiO20~1.0
Mn2O30~0.29
Fe2O30~7.0
ZnO0~0.25
SrO20~0.7

お客さま固有のニーズ応じて、さらに幅広い成分と濃度範囲に対応するよう調整できます。 標準に加え、CEMOXIソリューションはサンプル調製から品質保証ワークフローまで手法一式が含まれており、Malvern PanalyticalのXRFシステムとも組み合わせてご利用いただけます。

付属品:

  • CEMOXIキャリブレーション用サンプル、ドリフトモニター用サンプル、メソッド設定テンプレートのセット
  • フラックス1 kg
  • 最適化された分析プログラムとシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現
  • 分析手法の検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • 溶着ビーズとして効率的なサンプル調製に関するアドバイス(CEMOXI調製レシピ含む)。実際のサンプル調製にはオプションで対応
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • ルーチン分析用の融合機器を使用したビーズ調製
  • WD XRFシステム*の全自動QA/QCワークフローを可能にする統計的工程管理
  • CEMOXIソリューションをお客さまの標準作業手順に統合(文書作成と1ヵ所または複数の現場への配備を含む)
  • 特定の物質向けにCEMOXI標準とアプリケーション設定をカスタマイズ
  • 加圧ペレットキャリブレーション用に自社内の材料を認証、CEMOXIアプローチを採用

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX、Epsilonシリーズベンチトップ製品
  • 溶融ビーズを使用したサンプル調製装置

金属:Ni、FeおよびCo合金


特殊鋼、耐熱合金、超合金の元素を高精度で分析できるターンキーソリューション

特殊鋼、耐熱合金、および超合金は、耐久性や、硬度、温度安定性、耐食性などの特性が必要とされるさまざまな高性能コンポーネントで使用されています。 その生産過程には、非常に厳密な精度のプロセス管理と品質管理が求められますが、 測定濃度が広範囲の上、多品種の合金元素をXRFで分析することには、課題も伴います。 特に、高精度な定量分析結果を得るためにはマトリクス補正が必要であり、さらに多品種の参照物質が必要になります。

Ni、Fe、Coベースの合金のXRF分析用専門プログラム

NiFeCo専門プログラムは、サンプル調製から品質保証まで、XRFを使ってNiFeCoベース金属の元素分析に手法一式を提供し、ステンレス鋼、高速度鋼、工具鋼、軟鋼、ニモニック鋼、インコネル、Mn鋼およびNi合金などに対応します。

以下の元素と濃度に対応します。

元素濃度範囲(wt%)元素

濃度範囲(wt%)

Al0.01~6Cu0.01~30
Si0.01~2.4Y0.01~0.3
P0.01~0.3Zr0.01~0.4
S0.01~0.1Nb0.01~6.3
Ti0.01~4Mo0.01~21
V0.01~3Hf0.01~1.3
Cr0.01~24Ta0.01~7.2
Mn0.01~15W0.01~15
Fe0.01~78Re0.01~5.4
Co0.01~63Pt0.01~0.3
Ni0.01~64

標準に加え、このプログラムにはサンプル調製から品質保証まで手法一式が含まれており、Malvern PanalyticalのXRFシステムとも併用いただけます。

付属品

  • 6種類のキャリブレーション設定サンプル、120を超えるCRMを追跡可能、2種類のドリフトモニター用サンプル、メソッド設定テンプレート
  • 最適化されたプログラムおよびシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析が可能です
  • キャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • WD XRFシステム*の統計的工程管理、QA/QCワークフローの設定に対応

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX WD XRFシステム
  • サンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

金属:Cu合金

 

「銅ベース」(Cuベース)とは、Cuを主成分とする各種合金を示す用語です。 さまざまな用途(硬貨、鐘、各種機械装置の製造や電線など)に対応する物質を生成する場合は、一般にCuをSn、Zn、Ni、Al、Pbなどの元素と組み合わせて合金を製造します。 その製造過程には、製造時の誤差を最小限に抑え、生産効率を最大限に向上させる高速な元素分析が必要です。 

Cu合金のXRF分析に関する専門プログラム

Cuベースの専門プログラムは、XRFを使用したCuベースの金属の高速元素分析のためにサンプル調製から品質保証まで手法一式を提供し、青銅、アルミニウム青銅、リン青銅、鉛青銅、合金黄銅、鉛黄銅の分析を行うことができます。

以下の元素と濃度に対応します。

元素濃度範囲(wt%)元素濃度範囲(wt%)
Mg< LLD – 0.3Ni0.007~33
Al< LLD – 13Cu54.4~96
Si< LLD – 0.6Zn0.013~43
P0.001~1As< LLD – 0.3
S0.0013~0.1Sn0.006~17
Cr0.0013~1Sb0.005~0.5
Mn< LLD – 2.3Pb0.005~21
Fe0.003~5.6Bi< LLD – 2
Co0.012~0.3

注記:認証された濃度がLLD値よりも低い場合には、「< LLD」で濃度範囲の下限が示されます

標準に加え、このプログラムにはサンプル調製から品質保証まで手法一式が含まれており、Malvern PanalyticalのXRFシステムとも併用いただけます。

付属品

  • 慎重に選択された23種類の認証取得済み参照サンプル、2種類のドリフトモニター用サンプル、メソッド設定テンプレート
  • 最適化されたプログラムおよびシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析が可能です
  • キャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • WD XRFシステム*の統計的工程管理、QA/QCワークフローの設定に対応

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX WD XRFシステム
  • サンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

金属:低合金鋼

 

低合金鋼は、パイプ、自動車車体、航空機の胴体、鉄道レール、海上および陸上の構造工学プレートなどに広く利用されています。 耐腐食性のある高強度の低合金鋼が採用されます。 通常、低合金鋼には、合金成分(C、Mn、Cr、Ni、Mo、VとSiの組み合わせ)の含有率は10%未満です。 鉄鋼生産では、高精度かつ高速の元素分析が不可欠です。

低合金鋼のXRF分析に関する専門プログラム

低合金鋼(LAS)専門プログラムは、XRFを使用した成分分析のサンプル調製から品質保証まで手法一式を提供し、高強度低合金、高耐熱鋼(クロム - モリブデン鋼)、低温鋼(ニッケル鋼)、耐候鋼、高張力鋼などに対応します。 この手法は、90種類を超える参照物質のマスターキャリブレーションを採用して開発されました。

以下の元素と濃度に対応します。

元素 濃度範囲(wt%)元素 濃度範囲(wt%)
C< LLD - 1.29Cu0.0013~0.66
Al< LLD - 0.3As0.0005~0.14
Si< LLD - 1.46Zr0.0015~0.2
P0.002~0.072Nb0.0004~0.3
S0.0009~0.089Mo0.002~1
Ti0.0005~0.31Sn0.001~0.24
V0.0006~0.52Sb0.0005~0.072
Cr0.0015~5.15Ta0.001~0.23
Mn0.0057~2W0.012~0.3
Co0.0012~0.3Pb< LLD - 0.024
Ni0.002~4.45

注記:認証された濃度がLLD値よりも低い場合には、「< LLD」で濃度範囲の下限が示されます

このプログラムにはサンプル調製から品質保証まで手法一式が含まれており、Malvern PanalyticalのXRFシステムとも併用いただけます。

付属品

  • 4種類のドリフト補正およびサンプル調製補正用モニターサンプル、メソッド設定テンプレート
  • 90以上のCRMに追跡可能な6種類の転送サンプルを使用して最適化した分析プログラムとシステムキャリブレーションを設定することで、最高のスループット、高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析ができます
  • キャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

注記:転送サンプルはキャリブレーションで利用できます。これらのサンプルはMalvern Panalyticalに返却が必要です。

オプション

  • WD XRFシステム*の統計的工程管理、QA/QCワークフローの設定に対応

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX WD XRFシステム
  • サンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

潤滑油:磨耗金属分析

潤滑油中の摩耗金属を高精度で分析するターンキーソリューション

潤滑油中の摩耗金属は、部品の摩耗や汚染を示す重要な指標です。 潤滑油中の微量元素を高精度でXRF分析し、その濃度を長期間モニターすると、予防メンテナンスプログラムの最適化に役立ちます。 データにより、高額な費用がかかる不具合を初期の段階で検出できるため、修理コストを削減し、安全マージンを向上することができます。

潤滑油中の摩耗金属XRF分析に関する専門プログラム

摩耗金属専門プログラムでは、以下の元素と濃度範囲に対応します。

元素ppm元素ppm
Ag0~500Mo0~500
Al0~2000Na0~500
Ba0~2000Ni0~500
Ca0~5000P0~2000
Cd0~500Pb0~500
Cr0~500Sb0~500
Cu0~400S0~500
Fe0~500Sn0~500
K0~500Ti0~500
Mg0~3000V0~500
Mn0~500Zn0~2000

標準に加え、このプログラムにはサンプル調製から品質保証まで手法一式が含まれており、Malvern PanalyticalのXRFシステムとも併用いただけます。

付属品:

  • 基準で求められるキャリブレーション用標準サンプルのセット(検証サンプルを含む)
  • キャリブレーションと検証には、P-1またはP-2カップ、組み立てツール、事前にカットされたマイラーホイルで十分です
  • 最適化された分析プログラムとシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでもルーチン分析が可能です
  • 分析手法の検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • サンプル調製のベストプラクティスワークフローの最適化に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • QA/QCワークフロー設定に対応する統計的工程管理*
  • 摩耗金属分析法を標準作業手順に統合(文書作成と1ヵ所または複数の現場への配備を含む)

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、AxiosまたはMagiX WD XRFシステム、液体サンプルの実行に対応、またはEpsilon 3以降のシリーズのシステム
  • SuperQまたはEpsilonソフトウェアのOil-Traceモジュールは、サンプルの酸素と炭化水素の割合の変動を補正して最高の精度を実現し、1つのキャリブレーションを複数のマトリクスに適用できます

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

潤滑油:ASTM D6443およびD4927に準じた分析

 

潤滑油中の添加物分析に対応するターンキーソリューション

市販のほぼすべての潤滑油には、特定の用途で性能を改善するため化学添加物が含まれています。 ASTM D6443およびASTM D4927国際標準に準じたテスト手法は、潤滑油、添加物、添加物パッケージが仕様に準じているかどうかの判定に使われます。 各メソッドは、波長散乱X線分光法(WD XRF)と数学的マトリクス補正手順を採用しています。 XRFは、高い費用対効果で、高精度で正確なデータを高速に取得できるため、多元素分析に優れた手法です。 個別のキャリブレーションを数ヵ月間利用でき、時間とコストのかかる再キャリブレーションを回避できます。 特に液体の場合はサンプル調製が簡単で、分析にスキルの高いラボスタッフは不要です。

ASTM D6443およびD4927に準拠した潤滑油中の添加物のXRF分析に関する専門プログラム

この専門プログラムは、基準準拠に必要な手法一式を提供し、サンプル調製から品質保証まで全面的に対応します。 プログラムに対応するいずれか、または両方の基準の見積を請求いただけます。 以下の元素と濃度に対応します。

D4927 D6443
元素ppm 元素ppm
Ba0~0.04Ca0~0.4
Mg0~0.08Mg0~0.2
P0~0.25P0~0.25
S0~2.5S0~1.0
Si0~0.18Cl0~0.2
Cl0~0.2Zn0~0.25
Ca0~0.5Cu0~0.4
Mo0~0.05
Zn0~0.25

付属品:

  • 検証用サンプルを含むD4927またはD6443、あるいはその両方のキャリブレーション用標準サンプルのセット
  • キャリブレーションと検証には、P-1またはP-2カップ、組み立てツール、事前にカットされたマイラーホイルで十分です
  • 最適化したアプリケーション設定と上表に記載した濃度範囲内の各元素の高精度の分析
  • 分析手法の検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • サンプル調製のベストプラクティスとワークフロー最適化に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • QA/QCワークフロー設定に対応する統計的工程管理*
  • ソフトウェア:サンプルの酸素と炭化水素の比率で変動を補正するOil-Traceにより最高の精度を実現し、1つのキャリブレーションを複数のマトリクスに適用

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX(Pro)シーケンシャル分光計、液体分析に対応

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

オイルサンド燃料:ISO 20884およびASTM 2622に準じた硫黄分析

 

高精度な石油製品の硫黄分析に対応するターンキーソリューション

原油には通常、0.5~5%の硫黄が含まれています。 硫黄を少量でも含む原油に由来する石油製品を排出するには、環境に配慮が必要になります。 中間生成物および最終製品(燃料、石油、ガソリン)の硫黄含有量は、ASTM 2622およびISO20884などの試験手法に従って、正確に制御する必要があります。 これらの手法には、波長分散型X線分析(WD XRF)と数学的マトリクス補正手順が採用されています。

XRFは、費用対効果と精度が高い正確なデータが提供され、高速データ収集が実現するため、石油製品のリン酸判定に優れた手法です。 個別のキャリブレーションを数ヵ月間利用でき、時間とコストのかかる再キャリブレーションを回避できます。 特に液体の場合はサンプル調製が簡単で、分析にスキルの高いラボスタッフは不要です。

ISO 20884およびASTM 2622に準拠した石油製品中の硫黄XRF分析に関する専門プログラム

この専門プログラムは、基準準拠に必要な手法一式を提供し、サンプル調製から品質保証まで全面的に対応します。 プログラムに対応するいずれか、または両方の基準の見積を請求いただけます。 サンプルの酸素と炭化水素の比率の変動を補正するOil-Traceパッケージにより最高の精度を実現し、1つのキャリブレーションを複数のマトリクスに適用できます。 Oil-Traceは、燃料用に強くお勧めします。 以下の元素と濃度に対応します。

ASTM 2622(石油または燃料)
S0 - 100 ppm
または 
S0.03~1%
または 
S1~5 %
 
ISO20884(ディーゼル燃料)
S0 - 500 ppm

付属品:

  • 基準で求められるキャリブレーション用標準サンプル、検証用サンプル、低強度/高強度のモニタリング用サンプルのセット
  • キャリブレーションと検証には、P-1またはP-2カップ、組み立てツール、事前にカットされたマイラーホイルで十分です
  • 最適化したアプリケーション設定と上表に記載した濃度範囲内の各元素の高精度の分析
  • 分析手法の検証とキャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • サンプル調製のベストプラクティスとワークフロー最適化に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • QA/QCワークフロー設定に対応する統計的工程管理*
  • ソフトウェア:サンプルの酸素と炭化水素の比率で変動を補正するOil Traceにより最高の精度を実現し、1つのキャリブレーションを複数のマトリクスに適用できます。

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、Axios、MagiX WD XRFシステム、液体分析に対応
  • SuperQ対応のOil-Traceモジュールは、サンプル中の酸素と炭化水素の比率の変動を補正し、最高の精度を実現して、1つのキャリブレーションを複数のマトリクスに適用できます

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

ポリマーおよびプラスチック:添加物および充填剤分析

 

ポリマーの添加物と充填剤の高精度元素分析に対応するターンキーソリューション

ある特性の改良または抑制のために、通常、プラスチック製造工程では添加物と充填剤が添加されています。 正確な元素分析により、こうした高価な化学物質をポリマー生産時にしっかりと管理することができます。

X線蛍光(XRF)分析は、添加物と充填剤の濃度の定量化のために確立された分析法です。 非破壊的技法であるため、XRFには他のメソッドと比較して重要なメリットがあります。 サンプル調製は簡単で、溶解は不要です。 測定結果は正確で、再現可能です。 時間とコストのかかる再キャリブレーションも不要で、結果は長期間安定しているため、時間と費用を節約できます。 自動分析により測定時間を数分程度に短縮し、効率の高いサンプル調製法で高いスループットを実現します。 使いやすいソフトウェアで、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析ができるようになります。

ポリマーおよびプラスチックの添加物および充填剤のXRF分析に関する専門プログラム

この専門プログラムは、ポリオレフィン(あらゆるPPおよびPE(iPP、HDPE、LDPE、mPE、ULMWPEなど))の元素分析で、サンプル調製から品質保証までの手法一式を提供します。 このプログラムはZetium、Axios、MagiX、Epsilonシリーズシステムに適用できます。

以下の元素と濃度に対応します。

元素ppm
F.0~270
Na0~190
Mg0~560
Al0~400
Si0~800
P0~90
S0~100
Ca0~200
Ti0~110
Zn0~200

付属品

  • 上記の元素および濃度範囲に対応するADPOLキャリブレーション用標準サンプルのセット
  • 最適化されたプログラムおよびシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析が可能です
  • キャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス(ホットプレスを含む)
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • WD XRFシステム*の統計的工程管理、QA/QCワークフローの設定に対応

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、AxiosまたはMagiX WD XRFシステム、液体サンプルの実行に対応、またはEpsilonシリーズのシステム
  • サンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

ポリマーおよびプラスチック:有毒物質分析

ポリマーの有毒重元素の高精度分析に対応するターンキーソリューション

X線蛍光(XRF)分析は、ポリマーおよびプラスチック業界の工程管理と規制順守の両方に効果の高い技術です。 触媒残渣の濃度を高い信頼性で監視することにより、重合工程を正確に管理して、複数の規制物質が限度上限を超えないように制御できます。

XRFでは、他の元素分析法に比べて重要なメリットが提供されます。 サンプル調製は簡単で、溶解は不要です。 測定は非破壊的で、結果は正確で再現可能です。 時間とコストのかかる再標準化は不要で、その結果得られるデータは長期間安定しているため、時間と費用を節約できます。 自動分析により測定時間を数分程度に短縮し、効率の高いサンプル調製法で高いスループットを実現します。 使いやすいソフトウェアで、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析ができるようになります。

ポリマーとプラスチック中の有毒物質のXRF分析に対応するターンキーソリューション

この専門プログラムは、ポリオレフィン(あらゆるPPおよびPE(iPP、HDPE、LDPE、mPE、ULMWPEなど))の元素分析で、サンプル調製から品質保証までの手法一式を提供します。 このプログラムはZetium、Axios、MagiX、Epsilonシリーズシステムに適用できます。 以下の元素と濃度に対応します。

元素ppm
Cr0~22
Ni0~11
Cu0~25
Zn0~5
As0~6
Br0~160
Cd0~30
Ba0~600
Hg0~5
Pb0~22

付属品

  • 上記の元素および濃度範囲に対応するTOXELキャリブレーション用標準サンプルのセット
  • 最適化されたプログラムおよびシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析が可能です
  • キャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス(ホットプレスを含む)
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • WD XRFシステム*の統計的工程管理、QA/QCワークフローの設定に対応

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、AxiosまたはMagiX WD XRFシステム、液体サンプルの実行に対応、またはEpsilonシリーズのシステム
  • サンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

 

ポリマーおよびプラスチック:RoHS規制物質分析

ポリマー中のRoHS規制物質(Cr、Br、Cd、HgおよびPb)の正確な分析に対応するターンキーソリューション

プラスチックおよびポリマーメーカーは、RoHS規制とASTM F2617-08国際基準を遵守するよう義務付けられています。 この法令では、複数の規制物質に許容上限を設定しています。 X線蛍光(XRF)分析は、ポリマー業界で規制順守を証明するのに効果的な技術です。

XRFでは、他の元素分析法に比べて重要なメリットが提供されます。 サンプル調製は簡単で、溶解は不要です。 測定は非破壊的で、結果は正確で再現可能です。 時間とコストのかかる再標準化は不要で、その結果得られるデータは長期間安定しているため、時間と費用を節約できます。 自動分析により測定時間を数分程度に短縮し、効率の高いサンプル調製法で高いスループットを実現します。 使いやすいソフトウェアで、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析ができるようになります。

専門プログラム:ポリマーおよびプラスチックのRoHS規制物質のXRF分析に対応

この専門プログラムは、ポリオレフィン(あらゆるPPおよびPE(iPP、HDPE、LDPE、mPE、ULMWPEなど))の元素分析で、サンプル調製から品質保証までの手法一式を提供します。 このプログラムはZetium、Axios、MagiX、Epsilonシリーズシステムに適用できます。 以下の元素と濃度に対応します。

元素ppm
As0~145
Br0~980
Cl0~1075
Cd0~250
S0~590
Pb0~1030
Cr0~970
Sb0~345
Hg0~480
Sn0~180
Zn0~980

付属品

  • 上記の元素および濃度範囲に対応するRoHS/WEEEキャリブレーション用標準サンプルのセット
  • 最適化されたプログラムおよびシステムキャリブレーションの設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析が可能です
  • キャリブレーションメンテナンス手順の設定
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス(ホットプレスを含む)
  • ユーザートレーニングと文書作成

オプション

  • WD XRFシステム*の統計的工程管理、QA/QCワークフローの設定に対応

前提条件

  • Malvern Panalytical XRF分光計:Zetium、AxiosまたはMagiX WD XRFシステム、液体サンプルの実行に対応、またはEpsilonシリーズのシステム
  • サンプル調製装置

当社専門家にお問い合わせください

* SPCはすでにZetiumシステムに追加されています

位相解析

採鉱、金属および建設資材の鉱物組成分析

正確な鉱物元素分析に対応するターンキーソリューション

鉱石、金属、セメントの鉱物元素分析では、費用対効果が高く、環境にやさしく、一定の品質で結果を出すことが重視されます。 X線散乱は、最終製品と中間生成物の鉱物元素を直接検査する強力なツールです。 X線散乱は使いやすく、完全な自動化が可能で、どのユーザーでも一定の結果が得られます。 さらに、すばやく正確に結果を得ることができ、高い再現性を実現します。

XRDを使用した鉱物元素分析に関する専門プログラム

この専門プログラムは、採鉱、金属、セメントの各セグメントのルーチン鉱物元素分析に手法一式を提供します。 各手法は、お客さま個別の材料に応じてカスタマイズされます。 さらに、測定方法をAeris、CubiX3、Empyrean、X’Pert3 Powderの各システムに適用することもできます。

付属品

  • お客さま固有の材料に応じてカスタマイズした最適化手法の設定により、最高のスループットと高精度の結果を実現し、工場のオペレーターでも簡単にルーチン分析を実施可能
  • RoboRietライセンス
  • ワークフロー最適化に関するアドバイス
  • 効率的なサンプル調製に関するアドバイス
  • ユーザートレーニングと文書作成

前提条件

  • Malvern Panalytical X線解析装置:Aeris、CubiX3、EmpyreanまたはX’pert3 Powder
  • サンプル調製装置