燃料噴射装置は主に自動車産業や航空宇宙産業で利用されています。エンジンの燃焼室に噴射される燃料の量を制御するための装置です。 燃料の量は、バルブを開く時間で制御します。 通常は0.2~10ミリ秒と時間が短いため、スプレーの液滴サイズの測定は困難です。

燃料噴射装置の性能は、液滴のサイズに左右されます。 理想的な液滴径は、小さいほど蒸発しやすく、大きいほどシリンダーヘッドに侵入しやすいというサイズのバランスが取れているものです。

スプレー粒子径測定、レオロジー、イメージングに対応しているマルバーンのシステムは、燃料噴射システムの特性評価に使用できます。 これらの測定技術は、以下のことに利用できます。

  • 高速(10 kHz)の液滴径データを(測定トリガーオプションの範囲で)取得
  • 1回の実験で複数パルスの液滴径プロファイルを測定
    • 平均液滴径プロファイルを作成
    • パルス間のばらつきを評価
  • 外部粒子を検出し、ノズルの摩耗を防止
  • 以下の目的で、微粒子化におけるレオロジー特性の影響を評価します。
    • 同じ噴射器による異なる試料に対して、液滴径プロファイルの差異を把握
    • 液滴分解の乱流条件を把握するために必要な高せん断速度のせん断条件を測定解析

インシテック スプレー

スプレーテック

インシテック スプレー スプレーテック

オンライン・インラインレーザ回折式粒度分布測定機インシテック(スプレー)堅牢な、スプレーおよびエアロゾル用プロセス粒度分布測定機

噴霧粒子およびスプレー液滴径測定

詳細 詳細
測定タイプ
粒子サイズ
測定範囲 0.1µm - 2500µm 0.1µm - 2000µm
技術
レーザ回折
光散乱
分散タイプ
乾式
スプレー