燃料噴射器

燃料噴射装置のスプレーの液滴サイズ特性評価

燃料噴射装置は主に自動車産業や航空宇宙産業で利用されています。エンジンの燃焼室に噴射される燃料の量を制御するための装置です。 燃料の量は、バルブを開く時間で制御します。 通常は0.2~10ミリ秒と時間が短いため、スプレーの液滴サイズの測定は困難です。

燃料噴射装置の性能は、液滴のサイズに左右されます。 理想的な液滴径は、小さいほど蒸発しやすく、大きいほどシリンダーヘッドに侵入しやすいというサイズのバランスが取れているものです。

スプレー粒子径測定、レオロジー、イメージングに対応しているマルバーンのシステムは、燃料噴射システムの特性評価に使用できます。 これらの測定技術は、以下のことに利用できます。

お問い合わせ 会員登録