バイオ医薬品

バイオ医薬品開発を加速する生物物理学的特性評価の専門知識

生物学的製剤は、さまざまな健康状態の予防、診断、および治療に使用される機会が増えています。 バイオ医薬品の研究開発は、学術的、および産業的環境の両方で急速に拡大しています。 対象範囲は、ペプチド、組み換えタンパク質、酵素、モノクローナル抗体(mAb)、抗体薬物複合体(ADC)、二重特異性抗体、および核酸から、ウイルスワクチン、遺伝子治療ベクター、細胞療法に至るまで多岐にわたります。 当社の生物学的ソリューションの多くは、医薬品を市場に投入するプレッシャーが高まっているものの、対処しきれていない臨床ニーズの領域に対応しています。

バイオ医薬品開発課題の克服

生体分子の複雑さと、医薬品としての開発の成功に関連する技術的、および経済的課題は明らかになっています。 先発医薬品とバイオシミラーの開発者は、コストを抑えながら、その選択とバイオ医薬品開発のプロセスを改善し、サイクル時間を短縮する必要性に直面しています。 開発可能な候補の選択を容易にするための、早期における潜在的な原薬の生物学的特性評価に加え、開発サイクル全体にわたる信頼性の高い生物物理学的特性評価の適用は、これらの課題を克服するために不可欠です。

生物物理学的分析の経験 

マルバーン・パナリティカルは、バイオ医薬品開発に関する豊富な経験を持っており、バイオ医薬品の開発と製造における特性評価のニーズが進化し続けているため、業界の専門家と緊密に協力しています。 生物製剤の品質と性能の定義と、最適化に関連する原薬の重要品質特性(CQA)を理解し、最適化するために必要な洞察をもたらす、生物物理学的特性評価技術を提供します。 これらの分析ツールは、基礎研究から製品製造まで、データの整合性と検証を保証するのに役立ちます。これらはすべて、バイオ医薬品業界の要件に固有のアプリケーションの知識と専門知識によってサポートされています。

特集

関連製品

溶液中の生体分子熱安定性解析装置 MicroCal DSCシリーズ

溶液中の生体分子の熱安定性を、高感度、かつ高い再現性で評価できる示差走査熱量測定装置です。温度制御された状況下で、生体分子中の変性に伴って起こる極めて...
溶液中の生体分子熱安定性解析装置 MicroCal DSCシリーズ

OMNISEC

世界最先端のマルチ検出器GPC/SECシステム
OMNISEC