金属表面を接合するとき、使われるはんだ材の粒子径と粒子形状が最終製品のパフォーマンスの鍵を握ります。

多くの場合、はんだ材はスクリーンやステンシルを用いて塗布され、そして加熱されることで粒子が溶融して滑らかな金属接合部を形成します。 粒子の径または形状が不適切な場合、プリントが不確かになったり、酸化が増加して不良接合が起こったりする可能性があります。

マルバーンの測定装置は、研究開発プロセス、および品質管理を目的としたはんだ製造プロセスでの粒子径と粒子形状の測定を容易にします。これらの測定は以下の目的に役立ちます。

  • 最終製品のパフォーマンスの向上
  • 生産プロセスの最適化
  • プリント回路基板の生産効率の向上
  • はんだ接合不良の減少