挽いたコーヒー豆の粒子径は、味と風味に影響を及ぼします。 細かく挽きすぎると風味が強くなりすぎ、コーヒーを入れる時間が長くなる場合があります。 粗すぎると風味が弱くなることがあります。

コーヒーの粒子径や粒度分布を測定する方法としてふるいがよく利用されています。 ふるいでは時間がかかり、コーヒー中に含まれる微粒子の割合が正確ではない場合があります。 レーザ回折法はふるいに変わる測定方法です。レーザ回折法では以下のような利点が考えられます。

  • 簡単なワークフローで、異なるコーヒーの粒子径の自動測定が可能です。
  • 測定時間が短いため、一定したコーヒーの粒子径の品質管理が可能になります。
  • オンラインプロセスで粒度分布測定を行うと、リアルタイムで粒子径のデータが分かるため、コーヒー豆の挽き過ぎ防止やコスト削減につながります。 

インシテックシリーズ

マスターサイザーシリーズ

インシテックシリーズ マスターサイザーシリーズ

堅牢で信頼性の高いリアルタイム粒度分布測定

世界で最もよく利用される粒度測定装置

詳細 詳細
測定タイプ
粒子サイズ
測定範囲 0.1µm - 2500µm 0.01µm - 3500µm
技術
レーザ回折
分散タイプ
乾式
スプレー
湿式