コーヒー

挽いたコーヒー豆の粒子径を測定

挽いたコーヒー豆の粒子径は、味と風味に影響を及ぼします。 細かく挽きすぎると風味が強くなりすぎ、コーヒーを入れる時間が長くなる場合があります。 粗すぎると風味が弱くなることがあります。

コーヒーの粒子径や粒度分布を測定する方法としてふるいがよく利用されています。 ふるいでは時間がかかり、コーヒー中に含まれる微粒子の割合が正確ではない場合があります。 レーザ回折法はふるいに変わる測定方法です。レーザ回折法では以下のような利点が考えられます。

お問い合わせ 会員登録