Use of static and dynamic light scattering to characterize the stability of lysozyme in the presence and absence of arginine. SLS is used to assess aggregation temperature, while DLS is used to measure the various particle sizes present in the two formulations at different temperatures, and measurements of zeta potential are used to assess the effect of arginine on the charge state of the protein.

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報