このアプリケーションノートでは、マルチンルター大学(Martin-Luther-University、ドイツ・ハレ)で実施された分析について紹介します。この分析では、X’Celerator検出器を装備したPANalyticalのX線回折装置を使用し、室温の大気中で、ラメラ構造カルシウムアルミン酸塩クロム酸塩水和物の中間層の層間の変化速度を測定できることが証明されました。

X線回折(XRD)は、建材研究者や環境分析者が相の変化を研究するための強力な技術となっています。 

ログイン

初めての方

会員登録いただくと、以下のような会員様限定コンテンツを無料でご覧いただけます。

  • 録画版ウェブセミナー、プレゼン資料、動画
  • アプリケーションノート、技術資料、記事、ホワイトペーパー、ソフトウェアダウンロード

加えて、以下の情報が定期的に届くメールニュースにも任意でご登録いただけます。

  • 最新のマルバーン・パナリティカル製品情報、技術情報、分析について学べるセミナー・ウェブセミナー・イベント情報